Sophists' Almanac

世界について知りたいとき

William Shakespeare - Comedy ① Merchant of Venice

William Shakespeare,

Merchant of Venice (1596)

 

ベニスの商人 に対する画像結果

 

The Merchant of Venice is a 16th-century play by William Shakespeare in which a merchant in Venice must default on a large loan provided by an abused Jewish moneylender. It is believed to have been written between 1596 and 1599. Though classified as a comedy in the First Folio and sharing certain aspects with Shakespeare's other romantic comedies, the play is perhaps most remembered for its dramatic scenes, and it is best known for Shylock and the famous "Hath not a Jew eyes?" speech. Also notable is Portia's speech about "the quality of mercy". Critic Harold Bloom listed it among Shakespeare's great comedies

 

Anti-Semitism

ヨーロッパに中世からあるユダヤ人差別を劇のプロットに利用しながらも、シェイクスピアは、人間の差別の心の理不尽さ、不条理を私たちの胸につきつける。

 

四百年たっても、私たちはシャイロックの修辞疑問文 (rhetorical questions) に明確に答えることができていない。

 

それでは、あのシャイロックの銘台詞を。

 

うーん、みんなが監督だったら、どんなシャイロックの演出でいきますか?

 

とりあえず下から選んでみて。

 

Actor 1

 

Actor 2

youtu.be

 

Actor 3

youtu.be

 

SHYLOCK:To bait fish withal: if it will feed nothing else, it
will feed my revenge. He hath disgraced me, and
hindered me half a million; laughed at my losses, mocked
at my gains, scorned my nation, thwarted my bargains,
cooled my friends, heated mine enemies; and what's his
reason? I am a Jew: hath not a Jew eyes? hath not a Jew
hands, organs, dimensions, senses, affections, passions?
fed with the same food, hurt with the same weapons,
subject to the same diseases, healed by the same means,
warmed and cooled by the same winter and summer, as
a Christian is? If you prick us, do we not bleed? if you
tickle us, do we not laugh? if you poison us, do we not
die? and if you wrong us, shall we not revenge? If we are
like you in the rest, we will resemble you in that. If a Jew
wrong a Christian, what is his humility? revenge. If a
Christian wrong a Jew, what should his sufferance be by
Christian example? why, revenge. The villany you teach
me I will execute; and it shall go hard but I will better
the instruction.

 

「(肉1ポンドは)魚を釣る餌ぐらいにはなる。腹の足しにはならずとも、腹いせの足しにはなるわ。やつは私を侮辱し、私の儲けを五十万と邪魔し、私の負債を笑い、私の儲けを嘲けり、私の国家を侮辱し、私の契約の裏をかき、私の友人に冷や水を浴びせ、私の敵をかきたてる、そして、その理由はいったいなんだというのか? ただ私がユダヤ人だということだ。だが、ユダヤ人には目がないか? ユダヤ人には手や、臓器や肉や感覚や愛情や情熱がないだろうか? 同じ食べ物で育ち、同じ武器で傷つき、同じ病気にかかり、同じ手段で癒され、同じ冬や夏にはあたたまったり涼んだりしないだろうか、キリスト教徒と同じように。もしお前たちが私たちを刺せば血が出ないか? お前たちがくすぐれば私たちだって笑わないだろうか? もしお前たちが毒を盛れば私たちだって死なないだろうか?  もしお前たちが悪事を行えば、私たちだって復讐しないといえるだろうか? 何であろうと、わしらがあんたらと同じであるなら、復讐することだって違いはない。もし、ユダヤ人がキリスト教徒に辱めを加えたら、キリスト教徒は何をする?右の頬を打たれたら、黙って左の頬を出したりするか?いいや、復讐だ。もし、キリスト教徒がユダヤ人に辱めを加えたら、キリスト教徒は何をする?キリスト教徒の忍従の例に倣って、ただ黙って耐え忍ぶのか?いいや、復讐だ。悪いか?だが、この悪いことを教えてくれたなぁ、他ならぬ、あんたらじゃねえか。わしはただ、その教えを実行するだけ。見ておるがいい。必ず教えられた以上に、立派にやってのけてやるからな。」