Sophists' Almanac

世界について知りたいとき

Christianity - Books キリスト教について知るための本

授業で宗教や聖書を学んで、

キリスト教について興味がわいたけど、

どんな本を読んだらいいですか ???

 

もっとも学生さんからよく質問を受けるのはこれなんだど、

これね、ほんと答えにくいです。

 

学生時代には哲学好きが高じて神学部希望だったけど、

もうね、すっかり酔っぱらいですからね、

なにせキリスト者でもない私が

なにをお勧めできるのか。

 

あとね、

わけのわからないめちゃくちゃなおカルト本や

かなり怪しい霊感商法的な本などもいっぱいあって、

注意しないと意味わからない方向にいきかねないし (/o\)

 

ですので、できるだけ、

牧師さんや神父さんにきいて、

このリストを充実させていきたいと思います。

 

 

(0) ゼロ水域から始めてみる (笑) !

 

上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門

単行本(ソフトカバー) – 2018/11/29

上馬キリスト教会 (著)

おもしろキャラ、とほほエピソード満載! Twitterで大人気のゆるアカウント「上馬キリスト教会」が、聖書とキリスト教の世界を、ほんとうにゆる~く、ざっくりと紹介します!


ノンクリスチャンが抱きがちなソボクな疑問、教会で飛び交う謎のことば、名画に描かれた聖書の名シーンの数々……読めば「目からウロコが落ちる!」(←聖書由来!)、きっと誰かに話したくなる、老若男女だれでも気軽に楽しめる入門書です!

 

 

キリスト教を知る事典

単行本 – 1996/2

 

 

(1) 英語で聖書を勉強するとめちゃ楽しい !

 

聖書起源のイディオム 42章

単行本 – 2012/9/20

 
 

 

聖書に由来する英語慣用句の辞典

単行本 – 2011/6/1

 
 

 

(2) 愛を感じる読み物

 

ちいろば

単行本 – 1968/12

 

 

 

 

新約聖書入門 ― 心の糧を求める人へ

(光文社文庫) 文庫 1984/11/1

 

 

 

(2) 深すぎるキリスト教神学の世界

 

エスという男

第二版 増補改訂 単行本 – 2004/6/10

田川 建三

彼がどこから来たのかは知らない。気がついたら活動していたのだ…。「イエスキリスト教のではなく、歴史の先駆者である」という視点から、歴史の本質を担った逆説的反逆者の生と死を綴る。80年三一書房刊の増補改訂版。

これはね、私が学生時代に最も影響を受けた本。

この本なしに今の自分はないと言い切れる。

 

 

エスとその時代

(岩波新書) 新書  – 1974/10/21

荒井 献 (著)

キリスト教の始祖イエスとは何者か。どのような時代・社会に生き、語り、死んだのか。聖書学・歴史学の最新の成果の上に、イエスに関する伝承の最古層を探り、初期キリスト教の担い手の社会的条件を明らかにする。また、奇蹟などを含むイエスの行動を分析し、時の権力に抗した彼の真意、民衆との深いかかわりを解明する。

これもね、好きな本だった。

 

 

(3) キリスト教作家が描くイエスの姿

 

エスの生涯

(新潮文庫) 文庫 – 1982/5/27