Sophists' Almanac

世界について知りたいとき

Social Darwinism = 日本の人類学研究と科学的人種差別 = 対話を拒絶する大学側と、今もすすまない遺骨返還

f:id:classlovesophia:20180121161702j:plain

 

Today's Question

沖縄の聖地に弔われていた遺骨が、なぜ京都大学の研究室の倉庫に埋もれているのでしょう。そして返還要請に対して、なぜ京都大学は沈黙を続けているのでしょう。

 

 

沖縄で収集遺骨、京大に返還要請へ 昭和初期の26体 (京都新聞) - Yahoo!ニュース 

1/21(日) 10:31配信

 京都帝国大医学部解剖学教室助教授だった金関丈夫が昭和4(1929)年、沖縄県今帰仁村(なきじんそん)にある村指定文化財「百按司(ももじゃな)墓」から研究目的で京大に持ち帰った人骨について、今帰仁村教育委員会が返還を求めて京大と交渉する方針であることが、20日分かった。村教委は京大が少なくとも26体、保管しているとみている。


 アイヌ民族の遺骨を巡っては旧帝国大が人類学などの研究目的に無断で掘り出した遺骨の返還が問題になっているが、京大が収集人骨の返還に応じた例はないとみられる。また、自治体が大学に返還を要請するのも異例だ。

 

 金関が戦前公表した雑誌連載によると、按司から多数の人骨を採取。古人骨だけでなく、当時でみて「最近の人骨」もあった。行き倒れた人を埋葬した那覇市内の墓地でも10体を掘り、中城村(なかぐすくそん)では無断で墓地から人骨を持ち去ろうとして現地の人から制止されたことなどを記述している。のち金関は、日本領だった台湾の台北帝国大(現・台湾大)医学部教授に就任した。

 

 今帰仁村教委によると昨年11月、台湾大から、金関が医学部に持ち込むなどした人骨63体分を現地に返還したいと申し出があった。

 

 同月29日に沖縄県教委と村教委が合同で受け入れると回答。2004年に百按司墓木棺を修理した際、村教委は京大総合博物館で百按司墓から持ち出されたとみられる人骨26体分を確認していたことや、台湾大が保管するのはすべて頭骨のみであることから、京大にも返還できないか要請していくことにしたという。


 これとは別に、琉球民族遺骨返還研究会」の松島泰勝龍谷大教授らは、京大が沖縄から持ち去った人骨の保管数や保管状況について回答を拒んでいることなどから、アイヌ団体が北海道大を相手取り遺骨返還訴訟を起こし、返還が実現していることを参考に、人骨返還訴訟の提訴を視野に運動を進めている。

 沖縄で収集した遺骨について、京大広報課は京都新聞の取材に、「問い合わせに応じない」としている。


■ 百按司
 今帰仁村運天の崖の中腹にある墓所按司とは地方の有力首長の呼称で、「数多くの按司の墓」の意味。16世紀以前に成立したとの見方もあり、漆を塗った家型の木棺など、琉球の葬制を知る上で最古級の資料とされる。

 

f:id:classlovesophia:20180121162054j:plain

 

ダーウィン (Charles Darwin) の進化論 (evolution theory) は、その進化のメカニズムとして自然淘汰論 (natural selection) を説いたものでした。ところが百五十年前のヨーロッパ社会は、人間はサルから進化したという進化論そのものには懐疑的でありながらも、「自然淘汰による進化論」を社会や人種へと適用していくことには何の抵抗もなかったようです。

 

そうして、ソーシャル・ダーウィニズムが生まれていきました。自分とは異なる人種や民族は、自分たちより進化論的に劣っているのだ、だから植民地政策も帝国主義も当然のことなのだという人種差別論を、大学の研究で科学的に「立証」しようとしたのです。だからこれを科学的人種差別 (scientific racism) とも呼びます。

 

Scientific Racism について ⇩

sophist.hatenablog.com

 

f:id:classlovesophia:20180121154754j:plain

これが 150年前のフェイクニュース。アフリカ系の人の頭蓋骨を見てください。全く人間の頭蓋骨などではありません。それでもこうした偽科学を信じてしまった人たちは、大勢いたのです。いまもネットに DND 研究などを語る手の込んだ人種差別論が拡散されています。気をつけましょう。

 

こうしたヨーロッパの大国の帝国主義植民地主義、人種差別、なんと日本も内面化し、アジアの中でいかに「日本人」が優秀な人種であるのかを実証しようとした。それが日本の人類学でもありました。

 

こうした研究者と大学は、大陸や、北海道や、沖縄で、たくさんの頭蓋骨を収集し、この「人類学」という科学的人種差別論の研究に猛進していったのです。ですから、日本の大学にはたくさんのアイヌの人たちや沖縄の人たちの遺骨が奪われたまま返還されていません。アイヌの人たちも沖縄の人たちも返還するように声をあげているにも関わらず、なのです。

 

年に何度もニュースになっていますが、忘れないようにできるだけ記録していきたいと思います。

 

こんな古い琉球の地元の貴族たちの墓から頭蓋骨を本土に持ち帰ったまま所有、また新しい骨まで。しかも今の人類学の研究にはなんの使用目的もなく、古い研究室の倉庫に入れられているだけです。

 

なぜ京大は対話すら拒絶するのか。私たちも京都で学ぶものとして、しっかりとこれからも京大の対応を見ていきたいでね。

 

usslave.blogspot.jp