Sophists' Almanac

世界について知りたいとき

William Shakespeare: Romeo and Juliet - ほんもののロミジュリを見よう !

 

f:id:classlovesophia:20180419221822p:plain

Claire Danes and Leonardo DiCaprio in Romeo + Juliet (1996)

 

 

youtu.be

 

ロミオ様、ああロミオ様。

名前が何だというの❓

 

今年はロミオとジュリエットが来るよ。

International Theatre Company London の舞台。

 

f:id:classlovesophia:20180420113910p:plain

f:id:classlovesophia:20180420114105p:plain

 

大学生だけじゃなく、外部の人もみれます。

最寄りの大学でぜひみてみよう !

 

しかも

入場無料だよー

関西外大と、甲南大学は、なんて素晴らしい !

イギリスで見るとなると一万円はいくでしょ⁉

 

日時:2018年5月18日(金) 開演 午後6時30分(開場 午後6時)

場所:関西外国語大学中宮キャンパス)谷本記念講堂

参加申込方法:
本学の学生及び教職員は、予約不要ですので当日ご参加ください。
尚、一般の方は、5/1(火)から当講座の前日までに下記の電話宛に、参加者の氏名及び人数をご連絡の上、申し込み願います。
電話:(072)805-2801(代)[担当:大学秘書室]
(注)お車でのご来場は、ご遠慮願います。

 

ほかにも

 

関西学院 千里国際キャンパス
主催: Senri & Osaka International Schools of Kwansei Gakuin
5月14日(月)18:00(関西学院千里国際キャンパス シアター)
入場料: 学生 1,000円/一般 2,000円
公演詳細・申込先: http://www.kwansei.ac.jp/
問合せ先: 千里国際キャンパス Tel. 072-727-5050(平日9時~16時30分)

県立広島大学
主催: 県立広島大学 国際文化学科
5月15日(火)19:00(広島県民文化センター・ホール)
入場料: 一般大人2,800円/一般学生1,500円/本学学生1,000円
一般チケットはチケットぴあ、本学学生チケットは学内で取り扱い。
全席自由席(当日受付順整理券配布)/5月7日と8日に公開講座あり。詳細は本学HPをご参照ください。
問合せ先: 国際文化学科 吉本 yosimoto@pu-hiroshima.ac.jp

就実大学
主催: 就実大学 人文科学部 実践英語学科
後援: 山陽新聞社
5月16日(水)15:30(R館601)
問合せ先: 人文科学部 Tel. 086-271-8121

梅光学院大学
主催: 梅光学院大学
5月17日(木)16:50(スタージェスホール) 入場無料(事前申し込み不要)
座席に限りがありますので、早めのご来場をお勧めいたします。
問合せ先: 梅光学院大学アドミッションセンター Tel. 083-227-1010

関西外国語大学
主催: 関西外国語大学 国際文化研究所
5月18日(金)18:30(中宮キャンパス 谷本記念講堂) 入場無料
問合せ先: Eメール: iri@kansaigaidai.ac.jp または研究支援センター Tel. 072-805-2801(代)

甲南大学
主催者: 甲南大学文学部
5月19日(土)16:00(岡本キャンパス 甲友会館) 入場無料(事前申し込み必要)
問い合わせ: 甲南大学文学部 英語英米文学科事務室
Eメール: eibun@center.konan-u.ac.jp

聖心女子大学
主催: 聖心女子大学
5月20日(日)14:30(宮代ホール)
入場料: 一般 2,000円/大学生・大学院生 500円/本学学生および高校生以下無料
詳細とご予約は大学HPでお願いします: http://www.u-sacred-heart.ac.jp
問合せ先: 聖心女子大学英文研究室 Tel. 03-3407-5862
座席に限りがございますので、早めのお申し込みをおすすめ 

 

あらすじ

  イタリア・ヴェローナにキャピュレットとモンタギューという二つの旧家があり、両家は代々お互いを敵といがみあっていた。

  キャピュレット家にはジュリエットという一人娘が、モンタギュー家にはロミオという一人息子がいた。ある日舞踏会で出会った二人はたちまち恋に落ちてしまう。互いの家が不仲なことを知りつつも想いは抑えきれず、両家の仲直りを願う修道僧・ロレンスにより二人は秘密に結婚式を挙げる。

  ある日、ロミオはジュリエットの従兄弟ティボルトにケンカを売られ、ロミオのかわりにケンカを買った親友マキューシオを殺される。親友を殺され理性を失ったロミオは勢いあまってティボルトを殺してしまい、その罪からヴェローナを追われる。

  ロミオが追放され、悲しみに暮れるジュリエット。そんな娘を慰めようとキャピュレット夫妻はパリスという名門貴族との結婚を決めるが、すでにロミオと秘密に結婚の誓いをたてているジュリエットはパリスとの結婚を断固として拒む。ジュリエットの頑なな態度に腹を立てた両親は、結婚しなければ勘当だと言い放つ。

  追い詰められたジュリエットはロレンスのもとを訪れる。ロレンスはジュリエットに一時的に仮死状態になる薬を与え、ある計画を提案する。薬を飲み、一時的に死んだと皆に思わせ霊廟に葬られ、目覚めた時に迎えに来たロミオと二人でヴェローナから逃げるという算段である。

  かくして計画通り薬を飲んだジュリエットは死んだと思われ霊廟に葬られ、その後ロミオはヴェローナに戻る。しかし、ロレンスの計画がうまく伝わっていなかったがためにジュリエットが本当に死んだと思い込んだロミオは毒をあおり息絶え、その後目覚めたジュリエットもロミオの亡骸を発見し短剣で胸を刺し、後を追う。

   若い二人の死によりキャピュレットとモンタギューははじめて自分たちの愚かさを知り、両家にようやく和解の道が開けたのだった。

 

 

youtu.be

有名なバルコニーの場面

 

Romeo, O Romeo! wherefore art thou Romeo?
(ロミオ、オーロミオ!貴方はなぜロミオなの?)

Deny thy father and refuse thy name;
(その名をお捨てになって)

Or, if thou wilt not, be but sworn my love,
And I’ll no longer be a Capulet.
(できぬなら、私がキャピュレットをすてます。)

‘Tis but thy name that is my enemy;
(敵なのはそのお名前だけ)

Thou art thyself, though not a Montague.
(名前などになんの意味があるの?)

What’s Montague?
(モンタギューって何?)

It is not hand, not foot, not arm, not face,
(手でもない、足でもない、腕でもない、顔でもない。)

nor any other part belonging to a man.
(人の体のどの部分でもありません。)

O be some other name!
(どうか、別のお名前に!)

What’s in a name?
(名前っていったい何?)

That which we call a rose by any other word would smell as sweet.

(バラが別の名前でもその香りには変わらない。)

Retain that dear perfection which he owes without that title.
(ロミオというお名前を捨てても、あの完璧なお姿に変わりはないはず。)

Romeo, doff thy name, and for thy name, which is no part of thee,
Take all myself.
(ロミオ、そのお名前をお捨てに!そして私を受け入れて!)