Sophists' Almanac

世界について知りたいとき

Jazz - Jamie Cullum - ブリティッシュ・ジャズの寵児ジェイミー・カラム - 私たちの中にある難民の歴史 "Refugene"

f:id:classlovesophia:20171209234935p:plain

 

British Jazz - Jamie Cullum

 

名門レディング大学 (University of Reading) では英文学 (English Literature) を専攻、ジャズ・ミュージシャンとしてクラブなどで演奏しながら、なんと首席で卒業。アルバム Twentysomething の歌詞には Shakespeare の名前も出てきますね。卒業後、レコード会社と契約してデビュー。

 

2010年にはモデルの Sophie Dahl と結婚。彼女の祖父はあの Charlie and the Chocolate Factory (チョコレート工場の秘密) などの作品で有名な英国作家ロアルド・ダール (Roald Dahl)。

 

動画は日本に来日した時のライヴ

youtu.be

 

 

Jamie Cullum

Jamie Cullum is a British jazz-pop singer-songwriter.

Childhood: Jamie Cullum was born at Romford Hospital in Essex and was raised in Hullavington, Wiltshire. Cullum attended the private school, Grittleton House School, followed by sixth form at Sheldon School. Cullum then studied English Literature with a minor in Film Studies, at Reading University. He graduated with first class honours.

Jamie Cullum's mother is Anglo-Burmese. Her family settled in Wales after Burma was declared independent.

 

Jamie Cullum is engaged to the British model Sophie Dahl. Sophie is the granddaughter of the writer Roald Dahl.

 

youtu.be

 

ジェイミー・カラムが「難民」をかたる

 

私たちの中に流れる「難民」の歴史

カラムさんのファミリーヒストリーをメモを取りながら聞いてみよう。

 

Jamie Cullum Facebook

I'm proud of me and my family's #refugenes. To see loads of other refugenes stories from people like Bella Freud, Rita Ora and Neil Gaiman, and to find out how you can help millions of refugees still in need today go to www.helprefugees.org.uk/refugenes

 

 

 

Jamie Cullum - My family values

The Guardian

 

My grandmother, Irma, escaped Nazi Germany. She was studying in Prussia and working towards becoming a doctor, but that was cut short when she had to leave. She lost all her family in the Holocaust and ended up in Jerusalem where she met my grandfather, Harry. They had my auntie and my dad and then came over to the UK and started their family life.

 

My grandfather, Harry, died when my dad was in his early 20s, so I never met him. Amazingly, he was 6ft tall. That gene definitely never filtered down to me! Irma was this incredible, sparky lady. She was always interestingly dressed, with immaculate hair and nails and gold shoes. And she was an utterly voracious reader.

 

My brother, Ben, and I are both musicians and Irma encouraged our interest in music. Growing up, I just wanted to be like Ben. He picked up the electric guitar – so did I. He played the piano – so did I. He got interested in DJ-ing – so did I. He got interested in recording songs – so did I. I idolised him and he always showed me the way. He plays the bass and sings, and writes with me for my albums and for other people. He has a very successful career in his own right.

 

Mum came over from Burma, aged four, when Japan invaded. There were four of them, my grandmother Hazel, grandfather Leonard, my mum and my uncle. They left everything behind and had one trunk of possessions. Because my grandfather had worked with the British army as an engineer in Burma, he had the option of coming to the UK. It was very alien for them; they were a dark-skinned family dumped in a very white village in Wales. I've got an amazing photograph of them a few days off the boat, immaculately dressed, standing in Trafalgar Square looking a bit confused.

 

My maternal grandad, Leonard, was full of amazing stories. He was an orphan, with 11 or 12 brothers and sisters, and he used to tell us about growing up near the Irrawaddy river and how one brother was eaten by a crocodile.

 

As I grow older and meet more and more people, I realise how lucky I am to have had a stable family environment. Both my parents had loving families but unstable upbringings, so they wanted us to have a more stable situation. My happiest memories are simple ones – on the beach at Cornwall where we went on holiday for my entire life. We weren't mega-wealthy but we never wanted for anything; we weren't surrounded by expensive toys but we had what we needed emotionally.

 

My dad worked in finance and my mum was a secretary. My dad is creative – he is a great painter and a maker of things. I think in some ways he deserved to live a creative life and I admire the fact that he was committed enough to do a job that wasn't necessarily true to his character.

 

Sophie [Dahl] and I are having an amazing time with our daughters, Lyra and Margot. Margot is two months old, and Lyra is two. Obviously, I think stability is important and being surrounded by love, good examples and good work ethics. You realise as you get older that the things that make life worth living are your relationships and the work that you do.

 

Charles Chaplin, The Dictator - チャップリンの『独裁者』- 二十世紀最高のスピーチを聞いてみよう ! - 英語耳 ②

f:id:classlovesophia:20171210001054j:plain

 

学生時代にちゃんと見ておきたい映画はいっぱいあるね。

働きだすと忙しすぎて「名画をちゃんと見ておく」時間がないのよ~。

 

で、学生時代に一貫して何度も見てきた映画は

ちゃーんと、自分の中宝物のようにある。

 

だから、

チャールズ・チャップリン監督の名画シリーズとか、

 

一番好きなチャップリンの映画はこれ ⇩

もう、めちゃくちゃ笑えるし、すっごく深くて悲しい。

f:id:classlovesophia:20171209222750j:plain

 

フェデリコ・フェリーニ監督シリーズとか、

タルコフスキー監督シリーズとか、

スパイク・リー監督シリーズとか、

 

テーマを絞ってみていくといいよ。

 

今日は、チャップリンのあの名画を紹介。

 

youtu.be

 

blog.goo.ne.jp

 

1分40秒のあのスピーチで、リスニング能力は飛躍的に向上する|今さらながら「英語耳」を育てる最善の方法

クーリエ・ジャポン

チャップリンの映画『独裁者』のラストシーン


もう一つ、「20世紀の最高の演説」と国際的に称えられているものに映画俳優兼監督のチャーリー・チャップリンのスピーチがある。

映画『独裁者』(原題:The Great Dictator, 1940)の中で、ヒトラーをモデルにした独裁者と顔がそっくりユダヤ人理髪店主が、独裁者に間違えられてラジオで演説をする羽目になって、そこで意を決して大演説をぶつ場面だ。



これもYouTubeで簡単に見られるし、演説の原稿もネットで読める。以下がその全文だ。

Charlie Chaplin’s “Great Dictator” (1940) speech

“I’m sorry, but I don’t want to be an emperor. That’s not my business. I don’t want to rule or conquer anyone. I should like to help everyone―if possible―Jew, Gentile―black man―white. We all want to help one another. Human beings are like that. We want to live by each other’s happiness―not by each other’s misery. We don’t want to hate and despise one another.

In this world there is room for everyone. And the good earth is rich and can provide for everyone. The way of life can be free and beautiful, but we have lost the way. Greed has poisoned men’s souls, has barricaded the world with hate, has goose-stepped us into misery and bloodshed. We have developed speed, but we have shut ourselves in. Machinery that gives abundance has left us in want. Our knowledge has made us cynical, our cleverness hard and unkind. We think too much and feel too little. More than machinery we need humanity. More than cleverness we need kindness and gentleness. Without these qualities, life will be violent and all will be lost . . . !

The aeroplane and the radio have brought us closer together. The very nature of these inventions cries out for the goodness in men—cries out for universal brotherhood—for the unity of us all. Even now my voice is reaching millions throughout the world—millions of despairing men, women, and little children—victims of a system that makes men torture and imprison innocent people.

To those who can hear me, I say—do not despair. The misery that is now upon us is but the passing of greed—the bitterness of men who fear the way of human progress. The hate of men will pass, and dictators die, and the power they took from the people will return to the people. And so long as men die, liberty will never perish. . . . . .

Soldiers! don’t give yourselves to brutes—men who despise you—enslave you—who regiment your lives—tell you what to do—what to think and what to feel! Who drill you—diet you—treat you like cattle, use you as cannon fodder. Don’t give yourselves to these unnatural men—machine men with machine minds and machine hearts! You are not machines! You are not cattle! You are men! You have the love of humanity in your hearts! You don’t hate! Only the unloved hate—the unloved and the unnatural! Soldiers! Don’t fight for slavery! Fight for liberty!

In the 17th Chapter of St. Luke it is written: “the Kingdom of God is within man”—not one man nor a group of men, but in all men! In you! You, the people, have the power—the power to create machines. The power to create happiness! You, the people, have the power to make this life free and beautiful, to make this life a wonderful adventure. Then—in the name of democracy—let us use that power—let us all unite. Let us fight for a new world—a decent world that will give men a chance to work—that will give youth a future and old age a security. By the promise of these things, brutes have risen to power. But they lie! They do not fulfil that promise. They never will! Dictators free themselves but they enslave the people! Now let us fight to fulfil that promise! Let us fight to free the world—to do away with national barriers—to do away with greed, with hate and intolerance. Let us fight for a world of reason, a world where science and progress will lead to all men’s happiness. Soldiers! in the name of democracy, let us all unite!”

このスピーチは全文620語。先ほどのリンカーン演説の2.3倍の分量だが、一読してわかる通り、ほぼ全文、きわめて易しい単語しか使っていない。日本人でも高校1~2年生なら知らない単語は10語以下だろう。全部で6パラグラフ、単文の積み重ねで論旨も明快で、ネイティブなら間違いなく小学4~5年生で充分わかる内容だ。

さて、読者はこれをあらためて声に出して読んでみてほしい。読み終えるのに何分何秒かかるだろうか。

普通の日本人でこれを5分以内で朗読できる人はほとんどいないと思う。6~8分で読めれば上等、大学生レベルの英語力がある、と認めよう。10分以内で高校2年生レベル、10分以上かかる人は中学3年生レベルの英語力だと判断すればいいだろう。

読者の多くは第2パラグラフまで読み終えたあたりで、もうつっかえながら朗読するのが嫌になるのではないだろうか。読むのが遅い人ほど、読み上げるのに精いっぱいで、中身が何かもわからなくなりやすい。文意がわかる人ほどスムーズに文章が追え、自然に読むスピードも速くなる。

つまり自分の耳が英語を聴き取る力がある人ほど速く読める、というわけだ。

これを映画のチャップリンは3分30秒(210秒)で演説している。10秒当たり29語と、かなりの速度だ。

最初、静かに始まり、ごく普通のスピードで第2パラグラフの終わり、“life will be violent and all will be lost . . . !”までがちょうど60秒だ。第1パラグラフが70語、第2パラグラフが116語なので、ここまで1分間に186語のスピードだ。

つまりリンカーンの演説に比べてほぼ2倍のスピードになっている。マイクの前での演説、ということで、誰にもわかりやすく、単文の畳みかけで、あちこちに巧みに韻を踏んで、流れるようなリズムがある。

第3パラグラフあたりからだんだん本人が興奮してきて、第5パラグラフの“Soldiers! don’t give yourselves to brutes―”あたりはまさにアジ演説そのもの、という感じで声を張り上げて歯切れよくまくし立て、迫力充分だ。

そして最後の“Soldiers! in the name of democracy, let us all unite!”は、明らかに歴史上有名なカール・マルクスの『共産党宣言』(1848)が呼びかけた「万国の労働者よ、団結せよ」をもじっている。

このため、この映画は片や「反ファシズムの堂々たる歴史的な名演説」と絶賛される一方、「チャップリン共産主義者と同じアジテーター(煽動家)だ」と厳しく批判を受けることにもなった。

映画としては、パロディ喜劇だったのが最後にあまりにパセティック(悲愴)な政治的プロパガンダ(宣伝)になっているのが問題だ、という批評は今日に至るまで少なくない。だが、この演説自体は内容も素晴らしいし、格調の高さ、レトリック(修辞)の見事さで非常に優れた名演説であることは間違いない。

この映画製作にあたってチャップリンは、自分と同年生まれのアドルフ・ヒトラーを強く意識し、「反ナチスになるのにユダヤ人である必要はない。まともな人間なら必ずナチスに反対するはずだ」と信じて、この演説草稿も数ヵ月もかけて入念に練り直したという。

それだけあちこちに思わず感心するような名文句、フレーズがたくさん含まれている。英語学習者としては、それらを覚えて日常会話の中にさりげなく入れると、ネイティブを感心させ、会話をいっそう盛り上げることができるだろう。

目標は「10秒で15語」


冒頭に示したように、ネイティブの日常会話のスピードは10秒で20~25語くらいになる。それを聴き取るためには、自分も同じスピードで話せる必要はないが、それに近いスピード、つまり10秒で15~18語くらいで話せるようになるのを目標にすればよい。

そのための訓練として、このチャップリンのスピーチをお手本にしながら、最初は声に出して繰り返し読み上げ、少しずつ1文ごと、パラグラフごとに、英文を見ないで何度も暗誦し、そのスピードを徐々に速めていくといい。そういう練習を繰り返して初めて「英語のスピードに耳が慣れる」効果が期待できるはずだ。

ちなみに、リンカーンチャップリンがともにperishという単語を使っていることに注意してみよう。チャップリンは明らかにこの単語をリンカーン演説のさわりを意識して“liberty will never perish . . .”と言っている。

「人民による政府」も「自由」もまさに民主主義の根幹をなす「生き物」であり、それは普通の人々(people)が常に努力してつくり育てていかなければならないもので、もし放置すればたちまち鮮度を失い、腐り、形骸化して干からびてしまうものだ、という意味が込められている。

だからこそ、単に「存在するものが見えなくなる」という意味のdisappearではなく“perish”が使われているし、ついでに野菜や魚などの生鮮食料品のことをperishableと呼ぶ意味がわかるだろう。

また米国の奴隷解放運動を進めたリンカーン、あらゆる人種差別に反対したチャップリンの演説が、いずれも「国家と人民」の関係を最重要課題にしていた事実を押さえると、その先に第35代大統領、J・F・ケネディの就任演説(1961)の結語に近い部分で“And so, my fellow Americans: Ask not what your country can do for you―ask what you can do for your country.”という呼びかけがあり、さらに市民権運動の指導者になった黒人牧師、M・L・キング牧師の首都ワシントン広場での“I have a dream”演説(1963)に直結することがわかってくる。

そしてこの名演説者の3人とも暗殺され、チャップリンも1952年に事実上アメリカから追放されたという米国史の暗部についても否応なく考えさせられる。

優れた演説を覚え、その意味を深く考えていくことで、自分のアメリカを見る眼を養い、翻って日本のあり方をより深く考える──それこそが英語を学ぶ者の最も大切なことではないだろうか。

『最強の英語学習法 グローバル人材を育てる実践的英語教育』
日本語で言えることの8割以上を英語でも言えるようになるためにはどうすればいいのか。学生、ビジネスパーソン、そして教育関係者まで、あらゆる人の参考になる一冊。


以上、2つの例を挙げたが、このように自分で実際に声に出して読んでみて、そのスピードをネイティブ並みに近づけていく練習を続けることが「英語耳」を育てる最善、最短の方法だと私は考えている。

その素材としては、別に上に示したような演説でなくてもよい。ラジオ、テレビ、ビデオなど何でもよい、自分の関心のあるニュースの解説や好きな映画を何度も繰り返し見て、特に気に入った場面を、30秒から1~2分の長さのものを繰り返し聴いて、そのスピードに慣れること、そしてその真似をして暗誦することだ。

それを続けていると、徐々に「聴き分けられる」力がつき、同時に「それらしく」発音できるようになるものだ。

世の中に大量に出回っている教材で「聞き流すだけで英語耳ができる」とか「自然に話せるようになる」とかいうのはほとんど誇大宣伝であり、そういう教材も今言ったような暗誦訓練の素材として使ってこそ、初めて効果が出てくるものだと私は考えている。

また、そういう「聴き取り」練習の際、聴いたことをそのまま英文で書き写すことが効果をいっそう高めることに役立つ。

リンカーンチャップリンの演説もそうだが、20~50語分くらいを書き写すことを続けていると、ごく自然に文章構造の組み立て方や、特に日本人に理解しにくい冠詞(a, the)や前置詞(at, to, on, in, over, of, off)などの使い方が、理屈でなく、感覚的に少しずつわかってくる。

それが他の英文を読むときにも、書くときにも、重要な助けになってくるはずだ。

 

William Shakespeare - シェイクスピアってどんな人?

f:id:classlovesophia:20171204044103j:plain

シェイクスピアって、どんなひと?

 

youtu.be

 

 

 

 

 

Globe Theatre

歴史修正主義とは - 『否定と肯定』- ホロコースト否定論者 (Holocaust denier) と法廷で戦ったある歴史学者の物語

f:id:classlovesophia:20171201193726j:plain

 

今月12月8日からロードショーだよ。

実際におこった裁判を映画化。

 

 

大学の歴史の授業にどやどやとホロコースト否定論者がわりこんできて、

教授は名誉棄損で訴えられてしまいます。

 

え、ほんとにホロコーストはなかったの ?

 

 

ともかく、映画評論家の町山智浩さんのお話が分かりやすいので、書き起こしされてるかたのブログを引用させてもらいますね。

 

読んでみましょう。

けっこう嫌いじゃない南海キャンディーズのヤマちゃんが聞き手です。

 

町山智浩 映画『否定と肯定』を語る

町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中でホロコーストの有無についてイギリスの法廷で争った事実を映画化した作品『否定と肯定』を紹介していました。

 

町山智浩)で、今回も結構事情がわからないとわからない映画なんですけども。『否定と肯定』というタイトルで12月8日から日本で公開される映画なんですが。これ、『否定と肯定』というタイトルになっているんですが、原題は『Denial』。だから「否認する」っていうことですね。罪状否認とかの否認っていう言葉ですけども。これはじゃあ、なにを否定しているのか?っていうと、ユダヤ人の大量虐殺。ナチス・ドイツが第二次大戦中にやった、いわゆるホロコーストが「ない」と言っている人と、「ある」と言っている人が裁判で争ったという実際の事件ですね。

山里亮太)うん。

町山智浩)2000年にイギリスの法廷で起こったんですけども、それの映画化です。で、これ主人公はデボラ・E・リップシュタットというアメリカの歴史学者ですね。女性なんですけども。これ、写真に出ていますけども。この人が大学でホロコーストについて授業をやっていたら、そこにいきなりこのおっさんが入ってきたんですよ。デイヴィッド・アーヴィングっていうおっさんなんですけども。これはティモシー・スポールっていう俳優さんの写真なんですけども。この人が演じているデイヴィッド・アーヴィングっていう人が入ってきてですね、「ホロコーストはなかった!」って叫んだんですよ。

授業中なんですよ?

 

 

海保知里)ええ。

町山智浩)それなのに叫んで。「なぜなら、ヒトラーは『ホロコーストをしろ、ユダヤ人を虐殺しろ』という命令書を書いていないからだ! 命令書があるって言うなら、それを持ってこい!」って。

 

で、いきなり札束を出して、「ヒトラーの命令書を持ってきたら、この1000ドルをくれてやる!」ってやったんですよ。

海保知里)はー。

町山智浩)で、しかもそこにマスコミを入れているんですよ。

海保知里)用意周到ですね。

町山智浩)そう。それで記事になっちゃったんですよ。で、彼女……リップシュタットさんは教授ですけども。それに対してその場でちゃんと反論をできなかったんですね。で、マスコミには「やっぱりホロコーストはなかった」みたいなことを書かれちゃうんですよ。で、その後にこの1000ドルを出すと言ったデイヴィッド・アーヴィングはリップシュタットさんを訴えるんですね。っていうのはリップシュタットさんが『ホロコーストを否定する人たち』(『Denying the Holocaust: the Growing Assault on Truth and Memory』)という本を出していたんですよ。で、その本の中でこのデイヴィッド・アーヴィングを「自分自身の半ユダヤ的な思想のために『ヒトラーホロコーストをしなかった』という風に事実をねじ曲げて書いた嘘つきだ。歴史家としては全く信頼できない嘘つきだ」という風に書いていたんで、それに対して名誉教授の裁判を起こしたんですよ。

海保知里)はい、はい。

町山智浩)これね、デイヴィッド・アーヴィングっていう人はイギリスの人なんですよ。で、イギリスの裁判所に出版社(ペンギンブックス)と作家の彼女を訴えたんですね。で、これで大変な事態になったわけですよ。これね、すごく変な話なんですけど、イギリスの裁判所ってそういうことをやった時に、裁判で訴えた側が普通、アメリカとか日本では立証責任を持っているんですよ。訴えた内容がちゃんと事実に基づいているかどうかっていう立証責任があるのは、原告側なんですね。アメリカや日本では。ところが、なぜかイギリスでは訴えられた方に、被告側に立証責任があるわけですよ。

山里亮太)ええっ?

 

イギリスの裁判所

町山智浩)イギリスは変な法律なんですよ。で、普通その訴える時に訴える内容が裁判にあたらないようなレベルの低いものだったら、やっぱり取り下げられたりするわけですよね。でも、イギリスはそうならないんですよ。訴えられた方が立証しなくちゃいけなくなるんですよ。これ、非常に怖いですよね。「この本は嘘じゃないか!」っつって。でも、はっきりした事実を訴えた側は示さなくてもいいんですよ。とにかく、訴えちゃえばいいんです。

山里亮太)はー! じゃあ、「嘘じゃないですよ」っていうのを……。

町山智浩)そう。本を出した方がそれを証明しなきゃいけなくなるんです。

海保知里)ある意味、いい加減なというか、言ったもの勝ちみたいになっちゃいますよね?

町山智浩)だからどういう法的な思想が背後にあるかわからないんですけど、イギリスではそうなんですね。で、彼女はアメリカ人なんですけど、イギリスに行ってその裁判をしなきゃならなくなって。これは大変な話題になるんですよ。っていうのは、ホロコーストがあるかないかを裁判で決定するという、非常に珍しい事態が起こったので。で、ホロコースト肯定派と否定派っていうのに分かれて、ずっと歴史をめぐる争い、いわゆる歴史戦を行っている状態なんですね。で、両方がバーッと乗っかってきて大変な騒ぎになっていったんですね。

海保知里)ふーん!

町山智浩)で、マスコミだけじゃなくて、たとえばスティーブン・スピルバーグという映画監督は『シンドラーのリスト』っていうホロコーストについての映画を作っていますけども。彼はそのリップシュタットさんがお金がないだろうということで裁判費用を出したりしていますね。

海保知里)へー!

町山智浩)で、裁判になってじゃあこのリップシュタットさんはその法廷で彼と戦う事ができるのか? ということで弁護士に相談したら、「あなたは絶対に裁判所で証言台に立ってはいけません」って言われるんですよ。

海保知里)えっ、なんで?

町山智浩)「それは、彼の作戦なんです」っていう。どうしてか?っていうと、「彼はこれで裁判に勝つか負けるかよりも、あなたを貶めようとしているんです」と。傍聴席とかにマスコミとかが来ているじゃないですか。日本と違って裁判はかなり向こうはオープンですからね。で、「アーヴィングという男はディベートがめちゃくちゃ得意な男なのでみんなの前であなたを問い詰めて、あなたがしどろもどろになっているところで『ほら、やっぱりホロコーストはなかった! この女は嘘つきだ!』みたいなことで、あなたを貶めようとしているんだ。あなたはそれにはまっては絶対にいけないんです」って弁護団から言われるんです。

海保知里)はい。

町山智浩)こういう人っているんですよ。これ、最初のところで「ヒトラーの命令書がないだろ?」って言っていたんですけど、ヒトラーの命令書がないのは有名な話なんですよ。っていうのは、ホロコーストっていうのはナチも悪いと思っていたから。やっちゃいけないことだと思っていたから、一切証拠を残していないんですよ。

 

だから、すごく証明が難しいんですよ。命令書を書いたら、それが証拠として残っちゃうじゃないですか。だから、そんなものは書いてないんですよ。ヒトラーは口頭で言っているんですよ。「ユダヤ人を殺せ」と。っていうのは、ヒトラーも最初はユダヤ人をどうしていいか、わからなかったんですよ。つまり、ナチが人気を集めるためにユダヤ人をスケープゴートにして、「あいつらが悪いんだ。あいつらを収容所に入れろ!」っていう風にして、収容所に入れたのはいいんですけど、その後にどうするかを考えてなかったんです。

山里亮太)ふーん!

町山智浩)で、ほとんど放置して、病死とか餓死させたんですけど、それだけじゃ足りないわけですよね。特にハンガリーの方で途中から40万人ぐらいのユダヤ人が収容所に送られると、もう収容所が入らないんですよ。で、どうするか?っていったら、これは殺すしかないとなるんですけど、ただそれ自体は絶対にこれはマズい。これは知れたら……ユダヤ人を見つけ出して収容所に送るということに協力している人たちも、「殺す」っていうことがわかっていたら、そこまでしないですよね。だからなぜ、ヨーロッパ中の人たちが、フランス人もハンガリー人もオーストリア人もドイツ人もみんな、ユダヤ人の収容に協力したのか?って言ったら、殺すとは思っていなかったからです。

海保知里)そうか!

町山智浩)「殺す」って言っていなかったから。「殺す」って言ったらたぶん、なかなか協力はできないですよ。でも、言っていないから免罪符を与えられて、ユダヤ人狩りの協力をして(居場所などを)報告していたんですけども。だから、殺すということは秘密にしなきゃいけなかった。で、しかもやりながら、前に『サウルの息子』っていう映画を紹介したんですけども。実態はほとんど外部に漏れないようにしてやっているんですよね。で、戦争に負けそうになると、完全に爆破して証拠隠滅をしている。ただ、実際にそのガス室の手伝いをやらせていたのも、ユダヤ人自身にやらせていたんですよ。

 

サウルの息子

町山智浩 ホロコースト体験映画『サウルの息子』を絶賛する
町山智浩さんがTBSラジオ『たまむすび』の中で、アウシュビッツ収容所でユダヤ人虐殺を行ったゾンダーコマンドたちを描いたハンガリー映画『サウルの息子』を紹介。絶賛していました。 ...

 


山里亮太)はい。

町山智浩)あまりにもひどいことだから、ドイツ人もあんまり手を出したくなかったんですよ。だから、殺しもユダヤ人にやらせる。で、その人たちを「ゾンダーコマンド」って言うんですね。で、なぜこのホロコーストが発覚したか、アウシュビッツガス室が発覚したかというと、このゾンダーコマンドの人たちがこっそりと手紙を書いて、それを瓶に詰めて地面に埋めていたからなんですよ。

海保知里)ああ、それでわかったんですか!

町山智浩)そう。ゾンダーコマンドはほとんど殺されているんですけど、脱出した人が証言したりとか、あと隠しカメラを持ち込んで現場の写真を撮ったりして、証拠を残したのでガス室があるということがわかったんですよ。だからそれぐらい証拠隠滅をしたので、出てこないのは当然なんだけども、マスコミとかを集めていきなり、「命令書はないだろ!」ってこのアーヴィングっていう人はやっちゃうんですよ。すると、いま言ったような長い説明をしなきゃならないから、しどろもどろになっちゃうんですね。すごく、俺みたいに口ばっかり達者な人間はいいんですけど。すぐにバーッてケンカできるんですけども(笑)。

(海保・山里)アハハハッ!

町山智浩)大抵の人はそうじゃないから、そういう風にやらると、しどろもどろになってちゃんとした反応ができないんでやられちゃうんです。だから朝まで生テレビなんかがそうで。あれなんか、見ると本当にそうなんですけども。本当に知識を持っている人とか、本当に論理がある人が勝つんじゃなくて、ディベートが上手い人が勝つでしょう?

海保知里)ああー。

町山智浩橋下徹さんとかね。僕、本当にやった時に思ったけど、「ああ、この人は証拠を固めていって論証するタイプじゃなくて、その場で勝とうとする人だな」って思ったけども。あれは弁護士のやり方なんですよ。法廷は、あれじゃないと勝てないんですよ。

海保知里)そうなんだー!

町山智浩)『リーガル・ハイ』ってそうだったじゃないですか。その場のアドリブで勝つっていう。もう倫理的な部分であるとか正義はないじゃないですか。『リーガル・ハイ』って。その場でディベートに勝てりゃいいやっていう世界で。あれは弁護士の、法廷のやり方なんですよ。で、それをやられたらたまらないから、このリップシュタットさんには「証言台に立たないように」って弁護士から言われるんですよ。それだけじゃなくて、生存者の人たち。実際にホロコーストの、アウシュビッツとかに入れられていた人たちもおじいさん、おばあさんになっているんですけど。「否定されたらたまらない。我々は殺されるところだった。だから、私が証言台に立ちます!」って来るんですよ。そしたら、それも弁護士は「絶対に彼らを法廷に、証言台に呼んではダメだ!」って言うんですよ。

海保知里)えっ、なんで?

町山智浩)それはね、過去にアーヴィングはそういうホロコーストから生き残った人たちって、入れ墨が入っていたんですよ。番号の。まあ、殺された人たちもみんなそうなんですけど、番号の入れ墨されていたんですよ。人間扱いじゃないですよ。家畜扱いだったんですよ。で、それを出して、「私はアウシュビッツに入れられました」っていうことを証明するんですけど、それに対してアーヴィングは「あのばあさんたちは、いくらもらってあの入れ墨を入れたのかね?」とかって言っていたんですよ。

海保知里)ええーっ!

町山智浩)だから「もし、そのおじいさん、おばあさんたちを法廷に出したら、たぶん歳を取って記憶とかが曖昧になっているから、そこのところをアーヴィングは徹底的に突いて、彼らを『カネ目当ての嘘つき野郎』と言って冒涜して。彼らは本当に、地獄から生還したにもかかわらず、みんなの前で本当に傷つけられることになるから。絶対に出してはいけない」って言われるんですよ。

山里亮太)でもそうなると、戦い方がわからないですよ。

町山智浩)ものすごく大変な戦いになってくるんですよ。この裁判は。どうしたらいいのか?っていう。そこで出てくるのがね、弁護士さんなんですけども。リチャード・ランプトンっていう弁護士さんが出てくるんですね。

山里亮太)いい助言をずっとくれている?

町山智浩)ああ、もう1人の弁護士さんが出てくるんです。その人をトム・ウィルキンソンさんっていう俳優さんが演じているんですけど、この人が本当に名優でね。本当に出てくるだけでいい味を出すんですよ。のんびりした感じの人なんですけど。で、この人がなんかやる気なさそうにその弁護団につくんですけど、だんだんこの人がいい味を出してくるっていう。ちょっと泣けるところがあるところなんですけども。

海保知里)へー!

町山智浩)たとえば、この男がどういう風にして「ホロコーストはない」っていうことを言っているのか?っていうと、さっきみたいな「ヒトラーの命令書はない」っていうことを言ったり、あと、ホロコーストが起こったガス室にはガスを送るための空洞になった煙突みたいな柱が4本あったんですね。で、そのことを、ホロコーストが実際にあったんだということを建築の部分から証明しようとしている建築学者が出てくるんですよ。で、「私はガス室を完全に再現して、どういうシステムなのかを証明した」と言っていると、そこに対して、「でもそれだと、4つの柱があるはずなんだけど、爆破されて倒壊した残骸の屋根には4つの穴はないですよね?」っていきなり法廷で言うんですよ。そうすると、その建築学者は「ん、ん、ん? あったっけ? なかったっけ?」ってなっちゃうんですよ。

海保知里)ああーっ!

町山智浩)で、そこで「ないですよね? ないですよね? ないですよね? 穴がなければ、ホロコーストもない!」って言うと、その日の夕方の新聞にはもう「ホロコーストはない」って書かれちゃうんですよ。

海保知里)いやーっ!

町山智浩)で、その後に弁護団が「写真を調べたら、ちゃんと4つの穴はありました。その時に手元になかったので、わからなかっただけです」って。でも、もう記事は出ちゃいました。そうすると、ずーっと「ホロコーストはない」ということを、「ホロコーストはない」と信じたい人たちの間でグルグルと回っていくんですねっていう。

山里亮太)上手い! 敵ながら……嫌なやつ!

町山智浩)だからものすごいそこのへんがね、裁判っていうのは別のものなんですよね。歴史的な論証のし合いっていうのは時間があってゆっくりと互いに反論しあってやっていくものなんですけど、裁判っていうのはその場でのスタンドプレーの戦いんですよ。だからこれでね、またもうひとつ大きな問題があって。「ホロコーストがない」と信じる人が「ホロコーストがない」と言うこと自体は法的には何の問題もないんですよ。

海保知里)えっ、もう1回、言ってください。ホロコーストが……?

町山智浩)もし、このアーヴィングっていう人が「ホロコーストはなかった」と本当に信じて、その通りに書いたんだったら、別にそれはなんでもないんですよ。法律的にはそれは言論の自由なんですよ。で、この裁判は「彼は本当は『ホロコーストはある』とわかっているのに、証拠を捏造したり、引用の仕方をねじ曲げたり、歪曲したりすることで、ホロコーストはなかったかのような事実をでっち上げた嘘つきだ」って彼女が書いたので、それに対する名誉毀損で争っているんです。

海保知里)ああーっ!

山里亮太)そうか!

町山智浩)そう。すっごいややこしいことなんですよ。だから、彼が嘘つきであることを証明するためには、たとえばひとつの書類があったとして、その書類から彼がAという部分を引用していて、「ホロコーストはない」と言っているとする。でも、書類の何行か後にはBということが書いてあって、Bには「ホロコーストはある」っていうことが書いてあった場合、そのBを彼が引用しなかったらこれは完全に事実の歪曲なんですよ。

山里亮太)なるほど。

町山智浩)彼が参考とした資料の中にホロコーストはあるということを決定づける記述があるのに、彼がそれをわざと隠していたらそれは、彼が嘘つきであることの証明になるんですよ。そういうことを証明しなくてはならない裁判だったんです。

海保知里)難しいじゃないですか、それ!

町山智浩)難しいんですよ。だから映画を見ただけじゃ、これはなにを争っているんだろう?っていうのがわからない人が多くて。下手すると、「ホロコーストはなかった」と言うことが許されないという言論の弾圧が行われているって勘違いする人もいると思います。でも、そうではないんです。

海保知里)違うんですね。

 

世界中で歴史戦が行われている現代

町山智浩)違うんです。そこではないんです。だからこれはね、なぜいまここで映画化されて見なければならないのか?っていうのは、これはいま、本当に世界的に歴史戦が行われているんですよ。世界各地で。あらゆる歴史戦が行われているんですよ。だからたとえば、日本だといま問題になっているのは従軍慰安婦の問題ですよね。他にも南京事件の問題だったり、関東大震災の時の朝鮮人虐殺だったりするわけですよ。これはもう、出版社によっても全然違うことが書かれていたりするわけですよね。

海保知里)はい、はい。

町山智浩)で、それが本当なのか?って、言ったもの勝ちになっちゃっていて。Aというものを信じる人はもうBということを言う人のことを全く聞かないという状態になっているじゃないですか。だからこれは、いまいちばんひどく進んでいるのがアメリカですね。

海保知里)ああ、そうなんですか。アメリカが。

町山智浩トランプ大統領ですよ。もう、あまりにもいろんなことを言うから、なにが本当だかわからなくなってくるんですよ。もう嘘も本当も……嘘が多いですけども。それをものすごい勢いでやっていて。トランプを信じている人たちは全部それを信じますからね。だからもう、彼自身がセクハラをやったかやらないかっていうこともわからなくなってきていますよね。なにがなんだか。

海保知里)ちょっと問題になっていましたよね。

町山智浩)わからなくなってきちゃったじゃないですか。だからこれ、全世界で。そういう風にヨーロッパでも行われているし。本当に続いているフェイクニュースとの戦いみたいなことになっているので。本当に、これが戦いなんだ。こういうものと戦うには、こういうところでやっていくしかないんだというのが、つまり、歴史をねじ曲げている人たちは絶対に自分はねじ曲げているという自覚があるということなんですよ。

海保知里)ふーん!

町山智浩)そこを突くことしかないんですよ。で、この原題タイトルが『Denial』っていう、「否認」っていう意味のこれ、

本来は心理学用語ですよ。

海保知里)ああ、そうなんですか。

町山智浩)目の前に事実があるのを見ても、それを認めないことをそう言うんですよ。だからたとえば、ある女性が好きだったりすると、彼女が「あなたなんか嫌いだから出てこないで!」って言っても、「そう言いながら、彼女は本当は俺のこと好きなんだよな」って。これはまさに、否認(Denial)なんですよ。自分が信じたいことを信じるために、目の前に完全な事実があってもそれを否定することなんですよ。それをしているかどうかなんですよ。歴史戦における戦いの本当の勝ち方っていうのはそこでやっていくしかないんですよ。だからそこで嘘をついているかどうか……大抵の人は自分に嘘をついているんですよ。

山里亮太)うん。

町山智浩)歴史をねじ曲げている人たちはね。だから、そこを突いていくっていう話になっているんで。そうじゃないとね、勘違いして。「これはユダヤの人たちの陰謀の、ホロコーストをでっち上げようとする裁判なんだ!」みたいな、そういう次元じゃないんですよ。そうじゃないんです。嘘をついている人は大抵、自分にも嘘をついているんですよ。本当に経歴詐称とかしている人なんか、典型的にそうですよ。経歴詐称っていうのは自分の歴史を嘘をつくことじゃないですか。

海保知里)はい、はい。

町山智浩)それって絶対に嘘だと知っているじゃないですか。その人は。でしょう? だから経歴詐称の人は絶対に僕は信じられないんですよ。

海保知里)はー!

町山智浩)完全な嘘だから。絶対に嘘つきだから。根本的な嘘つきだから。だから俺はそういうのと戦い続けているんですが、それは置いておいて……。

海保知里)町山さん!(笑)。

山里亮太)うわーっ、その話も聞いておきたいけど……(笑)。

町山智浩)いま、いっぱいいるんですけどね。本当に経歴詐称の人だけは気をつけてください。自分に嘘をついている人たちは本当の嘘つきです。

海保知里)うわっ、もう見たくて見たくてたまらない!

町山智浩)そういうのが『否定と肯定』っていう映画ですね。12月8日から公開ですね。

海保知里)また今日も本当に面白いお話、ありがとうございました。

町山智浩)いえいえ、どうもでした。

 

歴史を学ぶものたちが必ず考えておかなければならない、

歴史修正主義 (historical revisionism) というもの。

 

歴史修正主義とは

物語られた歴史 history は,見直し=修正 revision の可能性につねに聞かれている.見直し=修正を拒否する歴史は,イデオロギー的に絶対化された歴史である.だから,修正主義 revisionismと いう言葉も,かつては必ずしも悪い意味ではなかった.ところが近年では,「歴史修正主義」という言葉はほとんどいつもネガティヴな意味で使われ,批判の対象に付けられるべき名前となった.「ホロコーストナチス・ドイツによるユダヤ人大量殺戮)などでっち上げ」「ナチ・ガス室はなかった」などと主張するホロコースト否定論者たちが,みずから歴史修正主義者 revisionist を名乗って活動していることが大きい.1990年代後半の日本に,「自虐史観」批判を掲げて登場し,「日本軍慰安婦〉問題は国内外の反日勢力の陰謀」「南京大虐殺はなかった」とまで叫ぶに至った勢力が,「日本版歴史修正主義」と呼ばれるようになったのも,この連想か働いたためである.

「歴史/修正主義」(高橋哲哉岩波書店)p.iiiより。

 

歴史の修正を騙り歴史を捏造・歪曲・否定しようとする人々が歴史修正主義者と呼ばれる所以は、このように彼らが自ら歴史修正主義者を名乗って活動していたことにある。

Sight-Seeing: Harlem, New York - アフリカ系アメリカの歴史と伝統の街、うるわしのハーレムに行ってみよう !

f:id:classlovesophia:20171202005913j:plain

Harlem, New York

ハーレムに行ってみよう !

 

youtu.be

 

特に、春休みの期間、二月は

Black History Month で、一か月間、いろんなイベントやパレードがあり、とっても楽しいよ。

 

www.yahoo.com

 

とりあえず時間ないので、

お薦めのスポットから書いていくね。

 

No. 1 - 黒人教会に行ってみよう

 

震えるほどの感動を!ニューヨークでゴスペルに行ってみよう!

Petite New York

注意事項

1) ドレスコード、フォーマルな服装で

2) 礼拝中はビデオや写真は禁止

3) 近年はかなりの人気でなかなか入りくくなってるみたい。

4) 聖なる空間です。くれぐれも失礼のないように !

 

 

No. 2 - 地元の人と触れあおう

 

マルコム・シャバーズ・マーケット 

Malcolm Shabazz Harlem Market – New York, NY – Harlem One Stop

 

セントラルハーレムにある巨大なお土産モール。隣のマルコム X のモスクと関連している施設で、アフリカからのイスラム系移民の人たちがたくさんのお店を開いています。みんなフレンドリーで、アフリカのアクセサリーから衣服、楽器から音楽、アフリカの仮面から小物まで、もう、歩くだけで楽しいよ。いろんな人と話をしてみよう !

 

f:id:classlovesophia:20171201233722j:plain

 

f:id:classlovesophia:20171201233758j:plain

 

No. 3 - 本場のソウルフードを !

 

本場の黒人料理を味わえるのがハーレムの楽しみ。

いろんなレストランがあるけど、老舗はやはりここかな。

若い時に私もあの伝説的なシルヴィアさんと一緒に写真撮ってもらったよー。

スペアリブは今、ソースが手軽に変えるからすぐに作れるけど、やはり一回は行っておきたいお店。日曜日の午後はゴスペル聞きながらとか、夜はジャズ聴きながらとか。

 

blog.excite.co.jp

 

youtu.be

 

 No. 4 - 本場のジャズを !

 

ニューヨーク・ジャズ・ガイド

やっぱ、夜はジャズでしょ。

ハーレムのコージーなジャズ・クラブを一押しで紹介したいところだけど、高騰する地価におされてつぶれてしまった・・・。高級なロウワーマンハッタンのジャズクラブより、ハーレムのレノックスが一番。あと、もっと小さな地元のジャズバーなんかに、ものすごい地元のミュージシャンがぶっ飛ぶような演奏して、おばあちゃんが、ぐわーって歌ってたりするので、発掘する価値はあるとおもう。

 

No. 5 - ミュージアムも

 

ショーンバーグセンターもいいけど、来年はヒップホップミュージアムもできる予定というから楽しみですね。

blogs.yahoo.co.jp

playatuner.com

 

f:id:classlovesophia:20171201231424j:plain

 

 

Greek and Roman Mythology - Hellenism and Hebraism ヘレニズムとヘブライズム

f:id:classlovesophia:20171201173130j:plain

Hellenism and Hebraism 

 

ヘレニズムとヘブライズム

ヘレニズムHellenism)とは、ギリシア人ヘレネス)の祖、ヘレーンに由来する語。その用法は様々であり、アレクサンドロスの東方遠征によって生じた古代オリエントギリシアの文化が融合した「ギリシア風」の文化を指すこともあれば、時代区分としてアレクサンドロス3世(大王)(在位前336年 - 前323年)の治世からプトレマイオス朝エジプトが滅亡するまでの約300年間を指すこともある。また、ヨーロッパ文明の源流となる2つの要素として、ヘブライズムと対置してヘレニズムが示される場合もある。この場合のヘレニズムは古典古代の文化(ギリシア・ローマの文化)におけるギリシア的要素を指す。

 

ヨーロッパ文明の基調をヘブライズム(ユダヤ教キリスト教)と、ヘレニズムに求める見解は、19世紀にマシュー・アーノルドによって示された。以降、こういった見解はヨーロッパ文明を説明する上で一般的に用いられている。

 

youtu.be

f:id:classlovesophia:20171201173522j:plain

Old Testament - Genesis 11:1-9 バベルの塔 - 一言語主義の傲慢さ 

f:id:classlovesophia:20171126113319j:plain

Genesis 11:1-9

Tower of Babel

 

かつて言葉は一つだった?

聖書にあるバベルの塔のお話とは。

 

youtu.be

 

 

で、

ユダヤ人が奴隷として連れ去られ幽閉されていたバビロニアには、本当にバベルの塔のような古代の古い塔の遺跡があったらしい。

Ziggurat - Wikipedia

ジッグラトまたはジグラート(: Ziggurat[注釈 1] アッカド語:ziqqurat)とは古代メソポタミアにおいて、日乾煉瓦を用い数階層に組み上げて建てられた巨大な聖塔である。「高い所」を意味する言葉である。シュメール起源(シュメール語でジッグラトを表す語は「エ・ウ・ニル(驚きの家の意)」)と考えられており、一般に地上の神殿又は神殿群に付属しながらジッグラトの頂上にも神殿を備え、神の訪れる人工の山としてメソポタミアの諸都市に建造されたと考えられている。しかし、機能的には不明な点も多い。

メソポタミアにおいて、紀元前5000年頃に南部の都市エリドゥで都市の形成や神殿の建設がみられるようになる。やがてシュメール・アッカド時代と呼ばれる紀元前3000年期に都市の重要な展開がみられ、ジッグラトもこの頃に現れることとなる。王を中心とする専制体制の社会の中で、エジプトでは顕著であるが、大規模な建造物は王を象徴するという意味を持ち、王の権力を表すために実体のもつ力を大規模な建造物で表した。そのため、建築の表現において量感が中心となり、外部空間と建物の関係が構成上重要であった。メソポタミアは軸線の意識がそれほど強くないが、全体的に静的・彫刻的な空間構成ということができる。

旧約聖書の『創世記』に記されているバベルの塔は、バビロンにあったジッグラトが伝説化されたものという説もある。いくつかのジッグラトが発掘されており、最大規模の遺跡としては、エラム(現イラン)のチョガ・ザンビール、比較的保存状態が良いものとしてはウル(現イラク)のものが挙げられる。

 

 

Babylonian captivity - Wikipedia

バビロン捕囚(バビロンほしゅう)は、新バビロニアの王ネブカドネザル2世により、ユダ王国ユダヤ人たちがバビロンを初めとしたバビロニア地方へ捕虜として連行され、移住させられた事件を指す。バビロン幽囚バビロンの幽囚ともいう。西暦前587年または586年、ネブカドネザルエルサレムを滅ぼした。ラキシュやアゼカを含め、ユダの他の都市も征服した。ネブカドネザルは、生き残った人々の大半をバビロンに強制移住させ、人々は捕囚にされる。 流刑の後、ユダヤ人はアケメネス朝ペルシャの初代の王キュロス2世によって解放され、故国に戻ってエルサレムで神殿を建て直すことを許される。

 

 

 

Old English Literature - Beowulf ベオウルフ、古英語叙事詩の世界

f:id:classlovesophia:20171118015752j:plain

 

 

youtu.be


1-3

4-7a

7b-11

 

 

Greek and Roman Mythology - 神々の系譜

 

f:id:classlovesophia:20171125210720j:plain

ギリシアローマ神話は西欧の古典 (classics) だから、英語を学ぶ以上、私たちもちょっとだけでも学んでおきたいね。この世界は物語で満たされている ! 

 

f:id:classlovesophia:20171125212734j:plain

 

Step 1. 入門本

 

 

 

2. 英語作品を読んでみる

 

Thomas Bulfinch や Charles Kingsley の子供用に書かれた神話の教科書をメモを取りながら読んでみる。

 

テキストはこちらから ⇩

Project Gutenberg Titles by Thomas Bulfinch (Bulfinch, Thomas, 1796-1867)

 

音声はこちらから ⇩

thomas bulfinch - Bing video

 

The Heroes, by Charles Kingsley

youtu.be

 

 

3. 本物の古典を読んでみる。

英訳されているのでそんなに難しくないよ。

 

 

New Testament - 1 Corinthians 13 Love 愛とは・・・

f:id:classlovesophia:20171125191953j:plain

1 Corinthians 13

The Greatest Gift

 

これはね、とても美しい聖書の言葉。

 

どれだけ人間のありとあらゆる言葉や天使の言葉まで喋ることができようとも、愛がなければ、うるさいだけ。どれだけ難しい地球の神秘が理解でき、山をも動かせるような信念を持っていたとしても、愛がなければ、私は無だ。。。

 

youtu.be

 

この聖句を音楽にした Joni Mitchell

 

youtu.be

 

Joni Mitchell, Love

Although I speak in tongues
Of men and angels
I'm just sounding brass
And tinkling cymbals without love

Of men and angels
I'm just sounding brass
And tinkling cymbals without love

Love suffers long
Love is kind!
Enduring all things
Love has no evil in mind

If I had the gift of prophecy
And all the knowledge
And the faith to move the mountains
Even if I understood all of the mysteries
If I didn't have love
I'd be nothing

Love never looks for love
Love's not puffed up
Or envious
Or touchy
Because it rejoices in the truth
Not in iniquity
Love sees like a child sees

As a child I spoke as a child
I thought and I understood as a child
But when I became a woman
I put away childish things
And began to see through a glass darkly

 

 

コリント人への第一の手紙 第13章

 

1.たといわたしが、人々の言葉や御使(みつかい)たちの言葉を語っても、もし愛がなければ、わたしは、やかましい鐘や騒がしい鐃鉢(にょうはち)と同じである。

 

2.たといまた、わたしに預言をする力があり、あらゆる奥義とあらゆる知識とに通じていても、また、山を移すほどの強い信仰があっても、もし愛がなければ、わたしは無に等しい。

 

3.たといまた、わたしが自分の全財産を人に施しても、また、自分のからだを焼かれるために渡しても、もし愛がなければ、いっさいは無益である。

 

4 愛は寛容であり、愛は情深い。また、ねたむことをしない。愛は高ぶらない、誇らない。


5 不作法をしない、自分の利益を求めない、いらだたない、恨みをいだかない。


6 不義を喜ばないで真理を喜ぶ。


7 そして、すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。


8 愛はいつまでも絶えることがない。しかし、預言はすたれ、異言はやみ、知識はすたれるであろう。


9 なぜなら、わたしたちの知るところは一部分であり、預言するところも一部分にすぎない。


10 全きものが来る時には、部分的なものはすたれる。


11 わたしたちが幼な子であった時には、幼な子らしく語り、幼な子らしく感じ、また、幼な子らしく考えていた。しかし、おとなとなった今は、幼な子らしいことを捨ててしまった。


12 わたしたちは、今は、鏡に映して見るようにおぼろげに見ている。しかしその時には、顔と顔とを合わせて、見るであろう。わたしの知るところは、今は一部分にすぎない。しかしその時には、わたしが完全に知られているように、完全に知るであろう。


13 このように、いつまでも存続するものは、信仰と希望と愛と、この三つである。このうちで最も大いなるものは、愛である。

New Testament - Matthew 7 - The Sermon on the Mount - The Beatitude 山上の垂訓 八つの福音

f:id:classlovesophia:20171125030227j:plain

Matthew 7

The Sermon on the Mount (山上の垂訓)

The Beatitude (八つの福音)

 

youtu.be

 

人間の八のハピネスとは?

Old Testament: Exodus 10:1 The Ten Commandments 十戒とは

f:id:classlovesophia:20171125022325j:plain

Exodus 3:1-16

The Ten Commandments

 

King James Version (Authorized Version) で聞く、出エジプト記第二十章。

さて、どんな戒律だったのでしょう。

 

youtu.be

 

第一の戒律 …

第二の戒律 …

第三の戒律 …

第四の戒律 …

第五の戒律 …

第六の戒律 …

第七の戒律 …

第八の戒律 …

第九の戒律 …

第十の戒律 …

 

 

Old Testament: Genesis 2:4-14 & 3:1-9 Adam & Eve アダムとイヴ、そしてなぜ楽園は失われたのか

Genesis 2:4-14

Garden of Eden

youtu.be

Genesis 3:1-9

Forbidden Fruit

youtu.be

 

garden of eden に対する画像結果

 

Middle English - The Canterbury Tales - カンタベリー物語

f:id:classlovesophia:20171125013103j:plain

カンタベリー物語って?

 

カンタベリー物語 - Wikipedia

カンタベリー物語』(The Canterbury Tales)は、14世紀イングランドの詩人ジェフリー・チョーサーによって書かれた物語集である。

トマス・ベケット[1]があるカンタベリー大聖堂への巡礼の途中、たまたま宿で同宿した様々の身分・職業の人間が、旅の退屈しのぎに自分の知っている物語を順に語っていく「枠物語」の形式を取っている。これはボッカッチョの『デカメロン』と同じ構造で、チョーサーは以前イタリアを訪問した時に『デカメロン』を読んだと言われている。各人が語る物語は、オリジナルもあれば、そうでないものもあり、ジャンルは騎士道物語(ロマンス)、ブルターニュのレー説教寓話ファブリオーと様々である。中英語で書かれている。

 

General Prologue

 

youtu.be

 

1         Whan that Aprill with his shoures soote
 :              When April with its sweet-smelling showers
2         The droghte of March hath perced to the roote,
           
   Has pierced the drought of March to the root,
3         And bathed every veyne in swich licour
           
   And bathed every vein (of the plants) in such liquid
4         Of which vertu engendred is the flour;
           
   By the power of which the flower is created;
5         Whan Zephirus eek with his sweete breeth
           
   When the West Wind also with its sweet breath,
6         Inspired hath in every holt and heeth
           
   In every holt and heath, has breathed life into
7         The tendre croppes, and the yonge sonne
           
   The tender crops, and the young sun
8         Hath in the Ram his half cours yronne,
           
   Has run its half course in Aries,
9         And smale foweles maken melodye,
           
   And small fowls make melody,
10         That slepen al the nyght with open ye
           
   Those that sleep all the night with open eyes
11         (So priketh hem Nature in hir corages),
           
   (So Nature incites them in their hearts),
12         Thanne longen folk to goon on pilgrimages,
           
   Then folk long to go on pilgrimages,
13         And palmeres for to seken straunge strondes,
           
   And professional pilgrims (long) to seek foreign shores,
14         To ferne halwes, kowthe in sondry londes;
           
   To (go to) distant shrines, known in various lands;
15         And specially from every shires ende
           
   And specially from every shire's end
16         Of Engelond to Caunterbury they wende,
           
   Of England to Canterbury they travel,
17         The hooly blisful martir for to seke,
           
   To seek the holy blessed martyr,
18         That hem hath holpen whan that they were seeke.
           
   Who helped them when they were sick.

 

The Wife of Bath's Tale

 

1       "Experience, though noon auctoritee
                "Experience, though no written authority
2       Were in this world, is right ynogh for me
                Were in this world, is good enough for me
3       To speke of wo that is in mariage;
                To speak of the woe that is in marriage;
4       For, lordynges, sith I twelve yeer was of age,
                For, gentlemen, since I was twelve years of age,
5       Thonked be God that is eterne on lyve,
                Thanked be God who is eternally alive,
6       Housbondes at chirche dore I have had fyve --
                I have had five husbands at the church door --
7       If I so ofte myghte have ywedded bee --
                If I so often might have been wedded --
8       And alle were worthy men in hir degree.
                And all were worthy men in their way.
9       But me was toold, certeyn, nat longe agoon is,
                But to me it was told, certainly, it is not long ago,
10       That sith that Crist ne wente nevere but onis
                That since Christ went never but once
11       To weddyng, in the Cane of Galilee,
                To a wedding, in the Cana of Galilee,
12       That by the same ensample taughte he me
                That by that same example he taught me
13       That I ne sholde wedded be but ones.
                That I should be wedded but once.

 

 

カンタベリー大聖堂にいってみよう !

 

youtu.be

 

クリックすると新しいウィンドウで開きます

 

語り続けなければ、なかったことになってしまう - 相模原の男性が語り続ける 慰安婦への加害の記憶

 

うちのじいちゃんはカメラが好きだったので、

長い軍役のあいだに撮ったたくさんの写真がおうちにある。

でもね一枚だけ不思議な写真があったんだ。

 

南国の果物や若い兵士たちの写真の中に混じっていた一枚の写真。

きれいな女の人がいっぱい映ってた。

 

じいちゃん、これなに、って聞いたら、

これは慰安団だよ、って教えてくれた。

 

でも、じいはそれ以上は貝のように口を閉じて何も語らなかった。

聞いても語らなかったんだよ。

 

ただ戦争は酷いものだと、

それだけをじいは繰り返していっていた。

 

だからね、うちではみんなわかってる。

そこまでいって委員会みたいなテレビで、

従軍慰安婦など大嘘だと檄を飛ばすひとがいても、

 

従軍慰安婦はちゃんと

私たちが向きあうべきファクトだという事。

 

あんなテレビよりも、

じいちゃんのレガシーのほうを私は信頼する。

その話はまた次の機会にね。

 

今日はこの元牧師さんの証言を読んでみよう。

 

時代に慣らされるということは怖いね。のちに牧師となるお医者さんで、「トルストイの禁欲主義に傾倒していて、性行為への嫌悪感が勝っていた」青年でも、「それでも、目の前で繰り広げられる光景に疑問も罪悪感も湧かなかった」という。

 

相模原の男性が語り続ける 慰安婦への加害の記憶 語らないことでまた責任が生じる

カナロコ 神奈川新聞ニュース

 

中国の女性たちを強姦する日本兵に私は避妊具を配った-。先の戦争で自ら手を染めた後ろ暗い過去と向き合い、告白を続ける人が相模原市南区にいる。元牧師の松本栄好さん、92歳。「傍観していた私は『戦争犯罪人』だ」。歴史への反省がかすむ社会に今、伝え残したいことが多くある。「従軍慰安婦は確かに、いた。私が証人だ」 

 

f:id:classlovesophia:20171118235558p:plain

 

❖  ❖   ❖   ❖

筒状の器具を性器に差し込み、のぞき込む。炎症で赤くなっていないか。できものは見当たらないか。月に1度の性病検査。軍医の手伝いが衛生兵、松本さんの任務だった。

 

女性の体を思ってのことではなかった。

 

「兵力を維持するためだった」

 

戦地や占領地では日本軍人の強姦が問題になっていた。住民の反感を買えば、治安の悪化を招き、占領はおぼつかない。一方、不衛生な現地の売春宿では性病に感染する恐れがある。病気になれば兵隊として使い物にならなくなる。強姦防止と性病予防が慰安所の目的だった。

 

中国山西省孟県に出征したのは1944年2月。当時21歳。城壁で囲まれた大隊の拠点に慰安所はあった。

 

慰安婦としていたのは20代ぐらいの6、7人。日本の着物ではなかった。兵隊たちが『朝鮮ピー』と呼んでいたので、彼女たちが朝鮮の人々なのだと分かった」

 

半年後、分遣隊として数十キロ離れた上社鎮という占領地区に移り、慰安所は強姦の歯止めになるどころか性的欲求をあおり、拍車を掛けていることを知る。

 

慰安所は大隊本部にしかなかった。だから兵隊たちは『討伐』と称し、村々で食料を奪うのと同時に女性たちを強姦していった」

 

犯す前、松本さんは避妊具を手渡した。「気を付けろよ」。病気になるなという念押しだった。

 

強姦は当時の軍刑法でも禁じられていた。「私はトルストイの禁欲主義に傾倒していて、性行為への嫌悪感が勝っていた」。それでも、目の前で繰り広げられる光景に疑問も罪悪感も湧かなかった。

 

❖ 問題は強制の有無か

 

やはり分遣隊が「討伐」に繰り出したある日、逃げ遅れた女性を拉致した。

 

「20~30代ぐらいまでの7、8人。兵隊たちにとっては『戦果』だった」

 

従軍慰安婦の問題をめぐっては、軍の関与と強制性を認めた河野洋平官房長官談話の見直しを求める声が一部の政治家から上がり続ける。

 

第1次安倍政権では「政府が発見した資料の中には、軍や官憲による、いわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかった」と明記した政府答弁書閣議決定されている。

 

松本さんは首を振り、証言を続ける。

 

「女性たちは自ら歩かされ、連れてこられた。悲鳴を上げたり、騒ぐこともなかった。あの状況で逃げ出したり、抵抗したりすることにどんな意味があったか。抵抗すればいつ危害が加えられるか分からない。その絶望になぜ思いをはせないのか」

 

女性たちは駐屯地の兵舎の片隅に監禁され、「兵隊たちはそこで代わる代わる強姦した。私は避妊具を配り続け、やはり女性たちの性病検査を行った」。

 

1週間ほどたち、隊長の判断で女性たちを村に戻すことになった。松本さんは「女性たちの体力が低下したからだ」と思った。隊長は交換条件として、村長に命じた。

 

「ほかの女を連れてこい」

 

別の2人が連れてこられた。

 

松本さんは言う。「慰安婦だけの問題ではない。中国や韓国の人たちが怒っているのは、それだけではないと認識すべきだ」

 

村々での強姦、慰安所ではない兵舎での監禁。女性たちの体に刻み付けられた暴力の残虐さに違いなどない。なのに人集めの際の強制性の有無を論じたり、慰安婦制度ばかりに焦点が当てられることは問題の本質から目を遠ざけることになると感じている。

 

「私たちは中国や朝鮮の女性を性の奴隷として扱っていた」

 

そして、自身がそう認識することができたのも戦後になってからという事実にこそ目を向けなければならないと、松本さんは言う。

 

❖ 語らないことの責任

 

ニワトリや豚を盗むように女性を連れ去り、犯す-。「戦地は倫理、道徳、品性、誇りも何もないモラルのない人間がつくりあげられていく人間改造場だった」。松本さんは中国や朝鮮の人々には何をしても構わない、という空気が蔓延していたと振り返る。

 

「当時の教育を見詰めないといけない。戦時動員の名の下、国家主義を浸透させるために『日本よい国 きよい国 世界に一つの神の国』と自国の民族の優位性を強調する教育が行われた。その過程でとりわけ中国や朝鮮の人々への蔑視と傲慢さが、私たちの心の内に生み出されていった」

 

復員後、牧師となったが、自らも加担した蛮行を口にしたことはなかった。

 

「戦争体験を多少話したことはあったが、通り一遍のこと。罪の自覚から話せなかった」

 

慰安婦の女性と会話を交わしたことはあったはずだが、どんな言葉をしゃべり、どんな表情をしていたかも記憶にない。「覚えていようと思わなかったためだ」。やはり消し去りたい過去だった。

 

❖  ❖   ❖   ❖

 

転機は8年前。牧師を引退し、親族が住む神奈川に居を移していた。旧知の教会関係者に証言を頼まれた。使命感があったわけではない。「求められるなら話してみよう、と」。市民団体などから次々と声が掛かるようになり、反響の大きさに語る責任があることに気付かされた。

 

証言するということは過去の自分と向き合うことだ。「正直、つらい。できれば黙っていたかった」。過去の否定は、いまの自分を否定することでもある。

 

同じように人は望みたい歴史にしか目を向けようとしない。

 

「何をしてきたのかを知らなければ、同じ過ちを繰り返す。語らないことでまた責任が生じる」

 

従軍慰安婦をめぐる議論が再燃するのと時を同じくし、憲法9条を見据えた改憲集団的自衛権の解釈変更の議論が政治の舞台で進む。「この国は戦後ではなくもう戦前と言っていい」。そして問い掛ける。

 

「悪いのは政治家だけだろうか。そうした政治家を選んできたのは、過去と向き合ってこなかった私たち一人一人でもあるはずだ」

 

▶ 旧日本軍従軍慰安婦河野談話

 

戦時中、日本軍の戦地や占領地に造られた慰安所朝鮮半島や中国、フィリピン、インドネシアなどの女性が兵士らに性的暴力を受けた。女性たちは暴行・脅迫や甘言、人身売買により連れられてきた。慰安所設置の計画立案から業者選定、女性集め、慰安所管理までが軍の管理下に置かれていたことは各種資料で裏付けられている。

 

日本政府は1993年に河野洋平官房長官談話で軍の関与と強制性を認め「おわびと反省」を表明した。

 

話をめぐっては2007年に第1次安倍内閣が、軍や官憲が強制連行した証拠は見つかっていないとする政府答弁書閣議決定。第2次内閣では、安倍晋三首相が談話の見直しを示唆。韓国の反発だけでなく米国の懸念を招き、日米韓首脳会談を前にした今年3月に談話の継承を明言。一方で談話の作成経緯についての検証は行うとしている。

【神奈川新聞】

 

Rangoon, Burma. 8 August 1945. A young ethnic Chinese woman from one of the Imperial Japanese Army's "comfort battalions" is interviewed by an Allied officer.

 

f:id:classlovesophia:20171122025716j:plain

 

wam-peace.org