Sophist Almanac

世界について知りたいとき

Trump Peril ~ トランプ危機 背後であったこと ~ 核のボタン

トランプ前大統領の前代未聞のやりたい放題に、共和党の議員たちはどのような声をあげてきたのか。共和党の議員たちは、じっさいには議会襲撃事件にいたるまで、ほとんど声をあげていないどころか、院内総務のマコーネルも上院規則を変更してまでトランプを支えてきた。

 

2017年4月7日

ドナルド・トランプ米大統領最高裁判事に指名したニール・ゴーサッチ連邦控訴裁判事(49)の承認をめぐり、上院共和党は6日、単純多数で承認を可能にする異例の規則変更を行った。あまりに極端な最終手段のため「核のオプション」と呼ばれる規則変更により、野党・民主党は議事妨害(フィリバスター)による承認抵抗ができなくなる。・・・

共和党が「核のオプション」を選んだことで、議会の党派対立はいっそう深まる見通し。共和党ジョン・マケイン上院議員アリゾナ州選出)は「民主主義にとって悪い日だ」と語った。

米共和党が上院で「核のオプション」 米最高裁判事承認めぐり規則変更 - BBCニュース

 

マケイン上院議員共和党の良心だった・・・涙。

 

2020年11月10日 8:45

トランプ米大統領が3日の大統領選での敗北を認めず法廷闘争を続けていることに関し、与党・共和党上院トップのマコネル院内総務は9日、トランプ氏を支持する考えを示した。当選を確実にした民主党のバイデン前副大統領に祝意を伝えた共和党上院議員は53人のうち4人だ。・・・

共和党指導部は、共和党支持者に人気が高いトランプ氏と真っ向から対立するのは得策ではないとみているようだ。一方で訴訟や再集計をしてもバイデン氏の勝利を覆すのは難しいとの見方も出ている。

米上院共和党トップ、トランプ氏の訴訟継続を支持: 日本経済新聞

 

トランプに対して果敢にも声をあげてきたのは、むしろ議員ではなく、国防省・米軍関係者。

 

 

 

 

そして、もしくは過去の大統領の歴代ファーストレディーだった

 

四人のファーストレディーたちがトランプの移民政策を厳しく非難しました。

f:id:classlovesophia:20210920133525p:plain

 

 

なぜ国防省・米軍関係者はトランプに対し厳しく声をあげてきたのか。

 

マティスやチェイニーをはじめとして、最期には過去の国防長官10人が連名でそろってトランプに憲法を守り選挙結果を受け止めるよう公開書簡をリリースした。

 

f:id:classlovesophia:20210920133009p:plain

 

共和党ごりごりの、ディック・チェイニーラムズフェルド、そして現役だったエスパー長官まで !!!

 

歴代国防長官のアシュトン・カーター(Ashton Carter)、レオン・パネッタLeon Panetta)、ウィリアム・J・ペリーWilliam J. Perry)、ディック・チェイニーDick Cheney)、ウィリアム・コーエンWilliam Cohen)、ロバート・ゲーツRobert Gates)、チャック・ヘーゲルChuck Hagel)、ジェームズ・マティスJames Mattis)、マーク・エスパー(Mark Esper)、ドナルド・ラムズフェルドDonald Rumsfeld)の各氏は国防総省に対し、平和的な政権移行を約束するよう強く求めた。

米歴代国防長官10人が意見記事、軍の政権移行関与に反対 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

 

一体何があったのか、軍がトランプに危機感を募らせていた背景には (シリア撤退問題ではなく) 背後に何があったのか、

 

衝撃的な、

やっぱりな、なニュースがでてきました。

 

米軍トップと中国の電話に批判、国防総省とホワイトハウスは擁護
2021.09.16 Thu posted at 11:35 JST
 

米軍トップが秘密裏に核使用制限、記者が近刊で公表

 

ワシントン(CNN) トランプ政権末期を描いた内幕本の内容をもとに、米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長が越権行為に及んだとの主張がなされているのを受け、国防総省ホワイトハウスがミリー氏の擁護に乗り出した。

 

ミリー氏は14日、米紙ワシントン・ポストボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ両記者による近刊「Peril(原題)」の内容をめぐり批判の矢面に立たされた。同書ではミリー氏が中国軍将官との電話で対中攻撃は検討していないと述べたこと、トランプ大統領(当時)による危険な軍事攻撃の命令の可能性を制限しようとしたことが詳述されている。

 

CNNなどのメディアは14日、同書の来週の出版に先駆けてミリー氏の行動について報道。トランプ氏やその協力者はミリー氏の辞任や反逆罪での裁判を求めるなど、同氏への批判を強めている。

 

f:id:classlovesophia:20210920092731p:plain

記者に話すトランプ氏(左)とマーク・ミリー氏(右)=2019年10月7日、米ワシントン/Ron Sachs/CNP/Bloomberg/Getty Images

 

これに対しホワイトハウスは15日、ミリー氏を全面的に擁護した。サキ報道官は同氏を「信義を重んじる男」と呼び、バイデン大統領は「ミリー大将には大きな信頼を置いている」と述べた。

 

トランプ政権でミリー氏と共に働いたボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)も擁護に回った。ミリー氏の報道官は、同氏が適切に行動したとの声明を発表している。

 

f:id:classlovesophia:20210920092831p:plain

ミリー統合参謀本部議長(中央奥)=2019年12月、米メリーランド州アンドルーズ空軍基地/Andrew Harnik/AP

 

現旧の国防当局者は、ミリー氏が不適切に行動したとの見方に反論。中国側との電話は統合参謀本部議長による他のハイレベル協議と同様の手続きに基づき、国防総省文民と協議して行われたと述べ、ミリー氏が秘密裏に行動したとの批判を暗に退けた。

 

「Peril」によると、ミリー氏は2回にわたり水面下で中国軍の李作成・連合参謀部参謀長に電話をかけた。中国は米国が対中攻撃を仕掛けると見ていると示唆する情報があったためで、ミリー氏は米国は攻撃実施を検討していないと伝えて李氏を安心させようと試みた

 

同書によると、ミリー氏は10月30日の電話で「攻撃する場合には、私が事前に電話する。奇襲攻撃にはならない」などと述べたとされる。

 

2回目の電話は1月8日。同書によると、ミリー氏は中国指導部が米議会議事堂襲撃に衝撃を受けていると知り、李氏に対して「不安定に見えるかもしれない」「だが、これこそ民主主義の本質だ。我々は100%安定している。何も問題ないが、民主主義は時にずさんに見えることがある」と述べたとされる。

 

同書はまた、ミリー氏が1月8日に国防総省の自室で開いた秘密会議についても詳述している。ミリー氏は会議で核兵器発射の手続きを確認し、軍幹部に対して、命令を実行する場合には自分に相談する必要があると説明。「何を言われようと、この手続きに従ってほしい。私はこの手続きの一部だ」と述べたという。

 

国防総省のカービー報道官は、ミリー氏の行動は核兵器の発射手順の検討で「完全に適切」であり、同氏は大統領の軍事顧問として核兵器発射のあらゆる決定に「密接に関与する」と述べた。

 

トランプに常に付き添って核のボタンをもって回らなければならない米軍のヒヤヒヤ感。

 

これが、実際の核のボタン「核のフットボール」。大統領のまわりにいる軍服姿の人物の大きな二つのカバンに注目。

 

f:id:classlovesophia:20210920135056p:plain

President Donald Trump leaves CIA headquarters in Langley, Va., on Jan. 21, 2017. Near the president is a military aide who is carrying the "football," with launch codes for nuclear weapons.

Trump won't hand Biden the nuclear football. Here's how the handoff will happen.

 

トランプ大統領が、デモ隊を軍を動員してまで排除して写真撮影を行った際、同行させられたミリー統合参謀本部議長 (右) と エスパー国務長官 (中央) は、それぞれこの後で、トランプ大統領の軍の乱用を公然と批判する。 

 

f:id:classlovesophia:20210920094157j:plain

ジョージ・フロイドさん事件をふりかえる ( 2 ) - Sophist Almanac

 

エスパーさんはそれにより更迭される。

 

エスパー氏は2日後の記者会見で、反乱法の発動による連邦軍動員に言及したトランプ氏の方針について「現在はそのような状況ではない。発動を支持しない」と反対。デモ排除や写真撮影については「説明がなく行われることを知らなかった」と釈明した。…エスパー氏は国内外すべての米軍基地や施設で、南北戦争で南軍が使用した戦旗の掲揚や展示を事実上禁止することも表明。南軍旗の掲揚を擁護するトランプ氏と意見が対立していた。

 

また、学生に向けての、ミリー統合参謀本部議長の、このメッセージが凄い。

 

ミリー統合参謀本部議長は11日、ワシントンの国防大学の卒業式向けのビデオ講演で、「私はあそこにいるべきではなかった。あの瞬間、あの状況下に私がいたことで、米軍が国内政治に関与しているとの印象を与えてしまった」と述べた。

制服を着た将校として、この過ちから学んだ。そして我々全員がこのことを教訓にできることを切に願う

ミリー氏はさらに、「我々の共和国の本質に非常に深く根ざした、政治的重要性のない軍の原則を我々は大切にしなければならない」と付け加えた。

また、フロイドさんの事件について、「愚かで残忍な殺人」に憤慨していると述べた。

「事件を発端とする抗議デモは、フロイドさんの殺害だけでなく、何世紀にもわたるアフリカ系アメリカ人に対する不法行為に対するものでもある」

米軍制服組トップ、トランプ氏の写真撮影に同行したのは「誤り」 - BBCニュース

 

ここまで国防上の危機感があるにもかかわらず、逆に、党内の議員は声をあげない。あげれなかった。なぜ国民の代弁者たるべき議員は、いざという時、声をあげないのか。これは国民が知っておく必要のあることかもしれない。

 

選挙で選ばれた議員は、政権に梯子を外されたくないため、国民より、政権・政党のほうをむく。これは日本の政治の現場で見られる現象です。

 

そのために、国民の声を政治の現場にとどけるもう一つの方法、レファレンダム、というものか存在するわけです。(日本ではないがしろにされていますが。)

❒ ❒ ❒ ❒ ❒ ❒ ❒ ❒ ❒ ❒