Sophist Almanac

世界について知りたいとき

VOA - What's CRT?

VOA - What's CRT?

youtu.be

 

 

CRT という言葉がひとりあるき

○○をとりもどす、という響きがここにも。

 

人種差別なくす教育をめぐり分断深める米国

AFPBB News【7月2日 AFP】

 

「学校を取り戻す用意はできている?」──活動家のパティ・メンダース(Patti Menders)さんが米東部バージニア州の集会で叫ぶ。米国で広がる反人種差別教育の結果、白人の子どもたちが自らを「迫害者」として見なしている、と訴える人々が結集した。

 

f:id:classlovesophia:20211009053310p:plain

 

「イエス!」と数百人の参加者が一斉に答えた。首都ワシントン郊外のリースバーグ(Leesburg)で先月開かれたデモの標的は「批判的人種理論」。米国を分断する文化戦争の一大争点だ。


 この理論は1970年代後期に米国の法学界に登場した考え方で、人種差別を法律や制度によって成り立っているシステムと捉え、個人的偏見のレベルでは論じない。

 

 教師たちは教室で、奴隷制や人種隔離など米国史の暗部を直視し、人種差別的な既成概念に立ち向かってきた。しかし、保守的な論客は、同理論をやり玉に挙げながら、教師たちを攻撃している。

 

 2人の子どもを持つ白人女性エリザベス・ペリン(Elizabeth Perrin)さんは、今の子どもたちは「人格の本質ではなく、すべてを肌の色で見ることを学んでいる。自分たちが迫害者で、有色の子どもすべてが被迫害者だと」とAFPに語った。

 

 学校は「小学2年生に、自分の白さを恥じなさいと教えている」と言う。

 

■米国を「憎む」ための教育 ─ トランプ前大統領

 ペリンさんの発言は、共和党ドナルド・トランプDonald Trump)前大統領に通じるものがある。トランプ氏は昨年、前任者バラク・オバマBarack Obama)氏が始めた連邦政府職員を対象とした多様性の研修を打ち切った

 

「わが国が恐ろしい場所、人種差別的な場所だと人々に教えていた。わが国を憎むよう教えていた」とトランプ氏は理由を述べた。

 

 それ以来、テキサスやフロリダなど共和党地盤の少なくとも16州で、「批判的人種理論」を公立学校で教えることを禁ずる法案が既に可決されたか可決の見通しだ。違反すると学校への財政支援が停止される。

 

 この法制化は「教師にかなりの懸念と不安を引き起こした」とミシガン州立大学(Michigan State University)教師教育学科長のドリンダ・カーター・アンドリュース(Dorinda Carter Andrews)教授は語る。

 

 教師たちは、面倒に巻き込まれず何を話せるか苦心しているという。しかしこの話題は、昨年の白人警察官による黒人男性ジョージ・フロイド(George Floyd)さんの殺害事件に対する抗議の中、当然避けることのできないものだった。

 

 人種差別に反対する運動の最近の高まりを見て、学校当局は各種コースを設立し新プログラムの考案を始めたが、親たちの一部は快く思っていないとアンドリュース氏は指摘する。

 

■米共和党の政争具

「うちの子たちは、いつも人種差別の話をする」とリースバーグの集会で40代の白人女性が匿名で語った。「学校から持ち込まれたもので、やめるべきだ」とし、「責めることで問題解決はできない」と主張した。

 

 一方、集会に異を唱える人もいた。白人女性リズ・キャロル(Liz Carroll)さんは、「白人至上主義は現実だ」と書かれたカウンターデモのプラカードを掲げていた。

 

 隣人たちが、学校当局の会合を妨害し、署名をし、抗議し、訴訟を起こし、保守メディアのインタビューで立場を主張しているが、恥ずべきことだとキャロルさんは言う。

 

 全米各地で緊張が続く。先月、ニューヨーク州ロングアイランド(Long Island)の高校の集会で生徒らが、カリキュラムで扱う本の作者にもっと有色人種を加えてほしいと要求したところ、聴衆と激論になった。

 

 ニュージャージー州の私立高校では、学校側が反人種差別教育の一環で、生徒に「特権的な地位か被害者の立場」のいずれかを選ばせた。これに抗議して教師が辞職した。

 

「批判的人種理論を批判する人のほとんどが、それを読んだことがない」と嘆くのは、バージニア州の大学の教育学教授ジャメル・ドナー(Jamel Donnor)氏。「共和党は支持層を活気づけるために、こういう厄介な論争が必要なのだ」と語った。 (c)AFP/Charlotte PLANTIVE

 

www.snopes.com

 

どこの州議会で可決されたかみてみよう。

f:id:classlovesophia:20210915164346p:plain

Fact Sheet: Demonstrations over Critical Race Theory in the US | ACLED

 

ミリー統合参謀本部議長の反論がめっさかっこいい !

保守派の共和党議員は、ついには国防長官と制服組トップを議会に呼び出し、米軍士官学校エストポイントで CRT を教えているのではないかと追及します。

 

それに対するミリー統合参謀本部議長の答弁が凄すぎた。時間ないので、ざっくりと訳しておきますね。

 

youtu.be

 

Ms. Houlahan: (05:13)
... Mr. Chair, and thank you gentlemen, for joining us today. I know my time is very precious, but I would like to yield some of my time to General Milley, because I know that he had some comments that he wanted to make when Representative Gaetz was talking, as well as Mr. Waltz, about a similar subject of the stand down and race theory. Would you like a minute or so to comment on that? Do you remember what your line of questioning, your thought was there?

General Milley: (05:37)
Sure. First of all, on the issue of critical race theory, et cetera, I'll obviously have to get much smarter on whatever the theory is, but I do think it's important actually for those of us in uniform to be open-minded and be widely read. And the United States Military Academy is university and it is important that we train and we understand. And I want to understand white rage and I'm white, and I want to understand it. So what is it that cause thousands of people to assault this building and try to overturn the constitution of the United States of America? What caused that? I want to find that out. I want to maintain an open mind here, and I do want to analyze it. It's important that we understand that because our soldiers, sailors, airmen, Marines, and guardians, they come from the American people. So it is important that the leaders now and in the future do understand it.

 

まず第一に、批判的人種理論などの問題については、理論が何であれ、私は明らかにもっと賢明でなければなりませんが、実際には、(軍の) 制服を着た私たちは、オープンマインドであり、広く勉学に励むことが必要です。そして、陸軍士官学校は大学であり、そこでは私たちは教養をつけ、理解することが重要です。そして、私は「白い怒り」について知りたいと思います。私は白人です、そして私はそれを知りたいと思います。そう、それは何ですか。何千人もの人々がこの建物 (議会議事堂) を襲撃し、アメリカ合衆国憲法を覆そうとしたのは、何が原因なのですか?私はそれを見つけ出したいと思いますね。私はそれについてオープンマインドでありつづけ、それを分析したいと望みます。私たちの兵士、海軍兵、空軍兵、海兵隊員、州軍の大尉、彼らはアメリカ人です。したがって、現在および将来のこの国のリーダーがそれを理解することは重要なのです。


General Milley: (06:33)
I've read Lenin. I've read Karl Marx. I've read Lenin. That doesn't make me a communist. So what is wrong with understanding, having some situational understanding about the country for which we are here to defend? And I personally find it offensive that we are accusing the United States military, our general officers, our commissioned, non-commissioned officers of being quote woke or something else because we're studying some theories that are out there.

私は毛沢東を読んだし、カール・マルクスを読んだし、レーニンを読みました。しかしそのことで私が共産主義者になるということはありません。そうです。だからいったい理解するということの何が悪いのですか。私たちがここで守るべき国についてある状況的な理解をする事が一体何の問題があるのですか。そして私は個人的にはそういうことを非常に不愉快だと感じていますね。私たちが何かそこに存在する理論とかを学んだということで、アメリカ軍や将官、士官、下士官が、いわゆる (人種問題などに)「目覚めた」とか何とかいう言葉を使っていって非難するということがです。

 

That was started at Harvard Law School years ago. And it proposed that there were laws in the United States, antebellum laws prior to the Civil War that led to a power differential with African-Americans that were three quarters of a human being when this country was formed. And then we had a Civil War and Emancipation Proclamation to change it. And we brought it up to the Civil Rights Act of 1964. It took another a hundred years to change that.

 

CRT は何年か前にハーバードロースクールで始まりました。そしてそれは、この国が建国された時、アフリカ系アメリカ人は四分の三だけ人間だ (正確には1788年に批准された「5分の3条項」) という差別的な権限をもたらすに至った南北戦争以前の法律が、合衆国にあったということを示した。そしてそのあと、それを変えるため南北戦争があり奴隷解放宣言があり、そしてまたそれは1964年の公民権法へともちこまれた。まさにそれを変えるためにもう100年かかったということです。


General Milley: (07:19)
So look, I do want to know, and I respect your service. And you and I are both Green Berets, but I want to know, and it matters to our military and the discipline and cohesion of this military. And I thank you for the opportunity to make a comment on that.

 

そういうことですよ、わたしはだから知りたいのです。私はあなたの軍役に敬意を払います。あなたも私もどちらも (陸軍) グリーンベレーです。そして知りたいのです。それは私たちの軍と規則と結束にかかわる問題です。そして、それについてコメントする機会をいただき、ありがとうございます。 


Ms. Houlahan: (07:31)
Thank you, general.

 

これには元グリーンベレーだという保守派の議員もだんまり。

そのゲーツ議員の表情も見逃せません。

 

この件については、ミリー統合参謀本部議長の答弁で十分と思います、私は。

 

f:id:classlovesophia:20210915165737p:plain

Americans who have heard of critical race theory don’t like it | The Economist

 

f:id:classlovesophia:20210915170236j:plain

Who's Afraid of Critical Race Theory? - In These Times

 

❒ ❒ ❒ ❒ ❒ ❒ ❒ ❒ ❒ ❒