Sophist Almanac

世界について知りたいとき

【March For Our Lives】 アメリカの若者たちが銃規制をもとめて声を上げる 

f:id:classlovesophia:20200120154749p:plain

首都ワシントンで開催された銃暴力撲滅を唱える抗議集会「マーチ・フォー・アワ・ライヴス」に登場したアリアナ・グランデ (Photo by Chip Somodevilla/Getty Images)
 

恐ろしい銃乱射事件が続いています。

 

2018年2月14日のバレンタインデーにおこった恐ろしい悲劇。

 

銃暴力は、実際に無差別に大勢の命を奪うだけでなく、関係したすべての人に一生ぬぐうことのできない心の傷を残します。

 

www.afpbb.com

 

米フロリダ州の高校で乱射、少なくとも17人死亡 容疑者は退学処分の元生徒 - BBCニュース

フロリダ州パークランドの警察は14日午後、ブラワード郡の高校で乱射事件があり、少なくとも17人が死亡したと発表した。容疑者は、退学処分になった19歳の元生徒で、自分も負傷して拘束されたという。銃対策に取り組む市民団体によると、2018年に入って死傷者の出た学校乱射事件は6件目という。

ブラワード郡のスコット・イスラエル保安官によると、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校から退学処分になった元生徒のニコラス・クルーズ容疑者(19)は同日午後2時半、同校前で半自動式のアサルトライフル銃「AR-15」を発砲し、3人を殺害した疑い。続いて校内に入り、12人を殺害したという。さらに2人が搬送先の病院で死亡した。容疑者は「複数の弾倉」を持っていたという。

目撃者たちによると、容疑者は自分で火災警報器を鳴らしてから、発砲し始めたという。

容疑者は現場を離れて約1時間後に、近隣コーラル・スプリングスで発見された。病院で手当てを受けた後、警察に身柄を引き渡された。

 

f:id:classlovesophia:20200120152356p:plain

 

「フロリダはSUNSHINE STATE(サンシャイン・ステイト=太陽が輝く州)なんて言われるけれど、本当はGUNSHINE STATE(ガンシャイン・ステイト=銃が輝く州)なのよ。21歳までアルコールを買えないのに、18歳でアサルト銃が手に入るなんて」

岡田光世 「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 教師に銃で生徒を守らせる大統領 : J-CASTニュース

 

銃規制を求める声に対してトランプ大統領は、事件を起こすのは心の問題であって、重が悪いのではない、という発言をしました。

 

sophist.hatenablog.com

 

あるいは、子供たちを銃乱射事件から守るため、教師が銃で武装して、子供たちを悪から守るべきだとも発言しました。

 

www.bbc.com

 

でも、それは解決になるのでしょうか。

 

もう、あちこちに銃がある。教師が銃を置き忘れ発砲事件が起こる。これも「心の問題」でしょうか。

 

www.cnn.co.jp

 

しかも「銃を持って子供を守るべき」とされる教師の側が銃撃事件を起こしたりもして、もう、収集付きません。

 

www.cnn.co.jp

 

高校生たちが立ち上がりました。

 

いつものようにとてもわかりやすい町山智浩さんの解説きいてみましょう。声を上げる高校生たちにどんなフェイクニュースが流されているのか、そしてそのデマは誰が流しているのか。

 

www.youtube.com

 

高校生たちはどんな声をあげているのでしょうか。

 

 

アリアナ・グランデさんもデモに参加しました。

 

rollingstonejapan.com