Sophist Almanac

世界について知りたいとき

Spirituals - 黒人霊歌

 

 James Hopkinson's Plantation. Planting sweet potatoes. ca. 1862/63

 

黒人霊歌 (Spirituals) とは、奴隷制時代のアフリカ系アメリカの共同体で受け継がれてきた宗教歌。宗教的なレトリックのなかにコード化された、自由への希求。暗号化された言葉の持つ力に特に注意しながら読んでいきましょう。

 

Go Down Moses

やはり古典は Paul Robeson の声で

youtu.be

When Israel was in Egypt's land
Let my people go
Oppress'd so hard they could not stand
Let my People go

Go down, Moses
Way down in Egypt's land
Tell old Pharaoh
Let my people go

 

アカペラ・ヴァージョン

大阪大学アカペラサークル inspiritual voices 所属 Million Dollar より。素晴らしいです。

youtu.be

 

 

この歌の原典はここ ⇩

sophist.hatenablog.com

 

Steal Away To Jesus

やはりここはジュビリ・シンガーズの演奏で。

歴史的な黒人大学 Fisk University の Fisk Jubilee Singers の今の演奏。1871年、大学の危機的な財政難を救うため、学生たちが学生聖歌隊を結成し、ヨーロッパに資金集めの巡業にまわったことで、黒人霊歌のすばらしさを欧米社会に認知させ黒人霊歌の保存にも貢献。西洋音楽の声楽の要素を取り入れた聖歌としての黒人霊歌の地位を不動のものにした。

 

Steal away, steal away, steal away to Jesus
Steal away, steal away home
I ain't got long to stay here

 

My Lord, He calls me
He calls me by the thunder
The trumpet sounds within-a my soul
I ain't got long to stay here

 

Green trees are bending
Po' sinner stand a-trembling
The trumpet sounds within-a my soul
I ain't got long to stay here

 

ジュビリ・シンガースのうたう黒人霊歌

ゲイツ教授が二分で教えてくれるフィスク・ジュビリー・シンガーズの歴史

 

コンテンポラリー・ゴスペル・ヴァージョン

歴史と呼応し、アレンジされ歌い継がれる黒人霊歌

Steal Away · Bobby Jones & New Life With The Nashville Super Choir

 

Swing Low, Sweet Chariot

 

Swing low, sweet chariot
Coming for to carry me home
Swing low, sweet chariot
Coming for to carry me home

I looked over Jordan, and what did I see?
(Coming for to carry me home)
I saw a band of angels coming after me
(Coming for to carry me home)

 

If you get back to heaven before I do
(Coming for to carry me home)
You'll tell all my friends, I'll be coming there too
(Coming for to carry me home)

 

ハリエット・タブマンと黒人霊歌

奴隷制時代の逃亡奴隷を支援する地下組織「地下鉄道」 (Underground Railroad) のハリエット・タブマンはこの霊歌を愛し、秘密の合図にも使ったと言われています。

 

sophist.hatenablog.com

 

ラグビーイングランド代表の応援歌

ラグビーのメッカ、イングランドでは、この曲がラグビーイングランド代表の応援歌として歌われています。

 

この動画はラグビー・ワールドカップ 2019年の東京の会場で、満場の「スィング・ロー」!

 

 

 

黒人霊歌のダブル・ミーニングについて

政治的弾圧の時代の文学が黙示化されていったように、また奴隷制時代の黒人霊歌の歌詞もコード化 (暗号化) された表現となっている。スピリチュアルの暗号化された言語があるかどうかについての論争があり、それを否定する人もいます。しかし、奴隷制下のような、言語表現に厳しい制約を強いられた時代には、言語はよりリファレンシャル (referential) になり、また黙示的になるのは極めて当然のことだと思われます。